ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. データ品質改善ソリューション
ここから本文です。

データ品質改善ソリューション

経営の今が見える!多様な社内データを価値あるデータに

経営/業務の判断の源は組織に蓄積されているデータです。このデータ提供(抽出)と品質を維持・活用する『仕組み』と『仕掛け』の構築をご支援し、経営/業務判断の効率化とリスク軽減を実現します。

特長

  • 開発時初期のデータ分析から運用時のデータ監視まで、システムライフサイクルを一貫して多様なデータを整合し、正確なデータを維持します。
  • 整合したデータにより業務担当者や運用部門の業務効率が向上します。
  • 正確なデータを元に素早い経営判断につなげます。

データ品質改善とは、迅速な経営/業務判断につなげるために、その根拠となる蓄積されたデータが、「正しい値であること」、「正しい粒度であること」、「一貫していること」、「出自と編集内容が明らかであること」を満たすようにすることです。

データ品質改善ソリューション

NECグループ基幹システムの開発~運用(業務/システム運用)までシステムライフサイクルを一貫して担ってきた実績があります。

適用領域・利用シーン

  • BI(ビジネスインテリジェンス)につながるデータの品質を保ち、早く正確な経営情報の把握につなげます。
  • システムのデータ移行プロセス初期段階でデータの傾向を分析し、データ設計時の定義漏れを無くします。
  • システム間連携で発生するデータ不整合による業務効率低下を改善するために、監視・整合化作業を自動化します。

工程

データ分析支援

お客様の課題…情報システム部門
開発コストの削減・移行作業リスクの低減

開発初期(上流工程)でのデータ分析

分散したシステムのデータ集約や新たなデータ統合基盤の構築、システムの移行をご検討中のお客様にご利用いただける支援サービスです。対象システムの実データを分析することで、データ定義と実データのギャップを可視化します。新たに構築するシステムのデータ設計品質を向上することにより、開発コストを削減、また移行作業のリスクを低減します。

データ分析支援(開発)

ソリューション構成要素 プロファイリングツールを活用した上流工程でのデータ分析
特長 豊富な基幹システム構築実績にもとづくプロセス標準を活用しデータ分析

  • プロファイル実施手順
  • ルール作成手順
  • 評価基準
ソリューション構成要素 事実データを分析して設計のインプットに!
特長 お客様の現状業務の事実データを分析して新システムのデータ設計を支援

データ監視支援

お客様の課題…業務部門
データ品質問題による業務効率の低下の改善

運用時のデータ監視

システム間のデータ連携で、定義に反するデータが入り込みシステムトラブルに陥いる状況の改善や、システムのデータ加工/変換集計による業務効率低下の改善を検討しているお客様にご利用いただける支援サービスです。
システム運用時に、顧客・製品・財務・資産等の社内データを分析・標準化することにより、データ品質を改善して、タイムリーな経営/業務判断を実現します。

データ監視支援(運用)

ソリューション構成要素 プロファイル、測定~モニタリングのサイクルでデータ品質改善
特長 日々の運用監視にデータ品質改善を組み込み最適なデータ状態を維持

ページの先頭へ戻る