ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. 性別・年齢自動推定システム「FieldAnalyst」
  4. FieldAnalyst for Signage
ここから本文です。

FieldAnalyst for Signage

製品概要

デジタルサイネージの視認効果を測定します。デジタルサイネージの前を通過した人数と視聴した人数を推定し、さらに視聴した人の客層(性別/年齢)と視聴時間、サイネージからの距離を測定することで、「場の価値」を数値化します。オプション機能により、サングラス・メガネ・マスクの顔装着物推定と、笑顔推定を行うことができます。
個人情報やプライバシーに配慮して撮影した画像は保存しないため、不特定多数の方が利用する場所でも設置いただけます。

FieldAnalyst for Signageの仕組み

STEP1:検出

カメラでとらえた映像から、デジタルサイネージの前の人物(上体)をリアルタイムに検出。さらに、デジタルサイネージに顔を向けている人物の顔を検出。

STEP2:推定

顔を向けている人について、検出した映像をもとに性別・年齢を自動推定。さらに、滞留時間およびデジタルサイネージからの距離を測定し、興味度を推定。オプション機能により、サングラス・メガネ・マスクの顔装着物と、笑顔の度合いを推定。

STEP3:出力

性別、年齢、滞留時間、距離、サングラス・メガネ・マスクの装着数(オプション機能利用時)、笑顔数(オプション機能利用時)を出力、記録。

集計データの分析

FieldAnalyst for Signageで推定したログから、独自にグラフを作成することができます。
製品に添付しているデータ閲覧ツールでは、以下のようなグラフを閲覧することができます。

導入メリット

場の価値を数値化!

客観的な測定が難しい場の価値を実データに基づき数値化できます。

デジタルサイネージの視認効果測定が可能!

デジタルサイネージをどんな人が見ているのか、客観的に測定できます。

24時間・365日のデータが採取可能!

データをいつでも採取でき、日次・週次・月次というようなさまざまな出力が可能です。

映像からリアルタイムに自動集計が可能!

人手をかけず性別/年齢を推定し、集計結果もリアルタイムに表示されるので効率的です。

システムによる推定で判断基準が常に一定!

人手によるカウントに比べ、一定基準の推定で信頼性の高いデータが取得できます。

同時に複数地点で調査を行うことが可能!

同一時間に異なる場所で採取したデータを比較できるため、効果的な提案が可能となります。

製品ラインアップ

  • FieldAnalyst for Signage (Windows版)
  • FieldAnalyst for Signage (Linux版)

動作環境

CPU
Core i7 6700TE以上 ※1
メモリ
4.0GB ※1
対応OS

Windows版

  • Windows7 SP1(32bit/64bit)
  • Windows8.1 Pro(32bit/64bit)
  • Windows 10 Pro(32bit/64bit)
  • Windows Server 2012 R2

Linux版

  • Red Hat Enterprise Linux workstation v6.4(64bit)
  • ※1 VGA入力のカメラ3台までの場合

ページの先頭へ戻る