ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. NEC GAP認証支援サービス
ここから本文です。

特許出願済み

NEC GAP認証支援サービス

生産工程の「見える化」で農業生産現場の課題を解決 実践・導入で安心・安全・未来が見える農産物づくりをサポート

農業生産活動とGAP認証・改善活動を両立

農業生産活動に伴うさまざまな情報を、GAPの「点検項目」に関連付けて整理することにより、生産者の負担の軽減を図り、農業生産活動とGAP認証・改善活動の両立を支援します。

管理・改善のPDCAを「見える化」で支援

PLAN 計画

  • チャレンジするGAPの決定
    (取り組み観点はサービスで設定済み)
  • GAP対象範囲の決定
  • 改善活動計画の立案
  • 団体認証に対応

DO 実行

  • 「実践・記録」情報の登録
    (文字・画像・Excel・Word・PDFなど)
  • 登録状況・進捗を「見える」化
  • 「農業ICTシステム」から連携登録
    (連携システムに沿ったデータ形式)

CHECK 評価

  • 自己点検機能による実施
    (OK・NG・対象外、コメント記録)
  • 重要度レベル毎に適合度を集計
  • 「実践・記録」情報が不足している「点検項目」の明確化
  • 団体所属生産者の取り組み状況把握

ACTION 改善

  • 認証機関 審査員へ開示
    (取り組み状況、自己点検状況の参照機能)
  • GAP認証審査、更新審査実施
  • 「実践・記録」情報が不足している「点検項目」の改善
  • 団体所属⽣産者の改善指導

GAP(農業生産工程管理)とは

農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。

これを我が国の多くの農業者や産地が取り入れることにより、結果として食品の安全性向上、環境の保全、労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼の確保が期待されます。

  • 本製品は特許出願技術を採用しています。

ページの先頭へ戻る