NECソリューションイノベータ

人事・タレントマネジメント、給与、経理システムの特設サイト

経理・会計システム(その他)
その他 経理・会計関連システム
経理・会計の業務改善に貢献する関連システムをご提供します。
経理・会計の業務改善に貢献する関連システムをご提供します。

帳票作成支援システム SimpWright

利用部門主体のデータ活用へ、「手軽に使えるBIツール」をコンセプトに開発された帳票作成支援システムです。
Webブラウザを用いて業務データベースの検索や集計、更新などがおこなえ、検索結果や集計結果はExcelファイル、CSVファイルに出力したり、定型検索用に保存できます。

  • 自部門での財務諸表の出力を促進
    • ・経理部門は多忙なため、自部門にて情報を取得
    • ・情報を取得できる担当者の負荷低減
  • 経営分析帳票のさまざまなフォーマット化
帳票作成支援システム SimpWright

■手軽に情報参照
抽出した情報をWebブラウザで参照し、情報をExcelやCSVファイルへ出力して、従業員の就業情報速報を関係者で共有できます。

■リアルタイム検索
基幹システムの情報を直接抽出することで、最新情報をリアルタイムに検索・利用して集計情報を取得できます。検索条件は簡単に修正することができます。

■基幹システムのカスタマイズ不要
検索条件や帳票をパラメータ設定で作成します。プログラミングの専門知識は不要。開発ベンダーへのアドオンやカスタマイズの依頼も減らすことができます。

証憑管理・資料配布システム ReportFiling

業務システムで生成される電子帳票/電子文書を一括管理できる証憑管理・資料配布システムです。印刷コスト低減、帳票探しのスピード向上、セキュリティ対策など、多種多様な帳票類管理の課題を解決します。

  • 社内文書をペーパレス化し、紙量を削減
  • 領収書や補助帳簿の電子保存、タイムスタンプ付与、一括検証の対応を強化
  • 検索/元帳票による情報資産の二次活用の充実
証憑管理・資料配布システム ReportFiling

■簡易な帳票登録
帳票ファイルを監視フォルダにコピーするだけで自動登録が可能

■Webブラウザで検索・閲覧
検索の際に見やすく、探しやすいツリー表示形式

■閲覧制限の設定など柔軟に対応
所属グループ単位で帳票の権限設定が可能

■安全重視のセキュリティ設計
自動削除機能やエクスポート機能などを装備

予算立案支援地図システム GISAp

地図情報にお客さまの信用情報などの外部データ、売上高や担当要員数などの内部データを重ね合わせて支店周辺のポテンシャルを分析し、予算立案に利用できる地図情報システムです。

  • なぜこの部門はこの予算となったのか、裏付けとなるバックボーンデータの可視化
  • マーケットポテンシャルと実績とを比較して、直観的に理解しやすいビジュアル分析の実現
予算立案支援地図システム GISAp

■住所項目付きの企業データをドラッグ&ドロップで簡単に地図上へプロット。住所以外の管理項目も地図上に保持できます。

■支店管轄エリアの企業のポテンシャルを抽出・集計・分析し、グラフ化して地図上で可視化できます。

■全国版詳細地図データを標準搭載。地図を購入せずに済むので安価かつスピーディにシステム利用を開始できます。

■保守契約の締結により、年1回地図を最新の状態に更新できます。

予算実績速報システム 企業向けソーシャルプラットフォーム

会計システムから出力される業績情報をモバイル端末などにPUSH配信し、スピーディな意思決定の支援を可能とする企業向けSNSシステムです。月次速報値を役員、部門長にタイムリーに配信でき、経営判断の意思決定を迅速におこなうことができます。部門内で予算実績情報を共有することができ、部門長と部員との間で戦略立案のためのコミュニケーションの場として活用することもできます。

  • 締前の速報値の迅速な共有で、役員や部門長によるギャップ対策の指示徹底の早期化
  • 上司からの重要な指示や通知に対して、上司と対話形式による意思疎通の促進
予算実績速報システム 企業向けソーシャルプラットフォーム

■会計システムと連携し、業績情報を速報で通知。スマートデバイス(iOS、Android)にも対応しており、外出先などでもリアルタイムに状況を把握できます。また、端末側にデータが残らないため、情報漏えいを防ぎます。

■緊急通知は既読とするまで常に先頭に表示するしくみ となっており、重要な情報をキャッチさせます。

■会話形式でのコミュニケーションをおこなうことができるため、戦略立案時の納得性が高まり、立案速度の向上が見込めます。

■地域、部門、プロジェクトなど、決められたテーマごとにグループを用意することができます。会話の過程がテーマごとに整理された形で参照できるため、関係者との間での情報共有を簡単におこなうことができます。