サイト内の現在位置

中期計画と実績

環境経営の位置づけ

当社はNECグループの一員として、NEC策定の「2050年を見据えた気候変動対策指針」や「NEC環境ターゲット2030」、「NECエコ・アクションプラン2025」の達成に向け、NECと歩調を合わせて環境経営を推進しています。
「2050年を見据えた気候変動対策指針」では、気候変動に対して「緩和」と「適応」の両面から、サステナブルな経営基盤の構築と、共創によるサステナブルな社会の実現を推進することを、下図の通り4つの視点で示しています。

2050年を見据えた気候変動対策指針

目標

NECは、2021年9月にBusiness Ambition for 1.5℃(BA1.5℃)に署名し、「2050年にScope1,2,3からのCO2排出量実質ゼロ」を宣言しました。(2024年の1月までにSBTiネットゼロ認定を受ける事をコミット)これは、従来の目標であった自社の事業活動(Scope1,2)に加え、Scope3を含むサプライチェーン全体からのCO2排出量を実質ゼロにすることです。さらにNECは2022年10月にはTHE CLIMATE PLEDGEに署名し「2040年カーボンニュートラル」をコミットメントしました。
当社はさらなる省エネの推進や再生可能エネルギーの活用等を通し、また、NECと歩調を合わせた活動を推進することにより、2040年カーボンニュートラルの実現を目指します。

実績

CO2排出量実績

  2021年度実績 2022年度実績
Scope1,2 10,236t-CO2 7,704t-CO2
Scope3 8,077t-CO2(注1)
  • (注1)
    Scope3は初めて算出。
    対象としたカテゴリはCat2(資本財)、Cat5(廃棄物)、Cat6(出張)、Cat7(通勤)

環境活動ハイライト

再生可能エネルギー導入の拡大

2022年4月より、当社は本社ビルおよび新木場センタービルの当社が契約するフロアにおいて、使用する電力をすべて実質再生可能エネルギー化(注2)しました。
当社は、この取り組みをはじめとして、NECとともにカーボンニュートラルへの取り組みを加速していきます。

2022年度の再生可能エネルギー使用量実績

3,705千kwh(電力総使用量における再エネ割合:20%)
「再エネ使用拠点」
・ 本社ビル
・ 新木場センタービル
・ 神戸センター

環境講演会

社員の環境に対する意識の向上、環境観点からの新たな気づきを得ることやきっかけ作りに繋がること、また、日常の行動やビジネス関連への具体的な活動に繋げること等を目的に、毎年、NECグループ環境月間(6月1日~6月30日)をはじめ、定期的に環境に関する講演会を開催しています。
テレワーク等の作業環境でも参加できるように、本社スタジオからのライブ配信としており、社員の多くの方々にご視聴いただきました。
2022年度は、以下の講師の方をお招きして講演会を開催しました。

~あなたは大丈夫?ゴミの捨て方に表れる人の心~
マシンガンズ滝沢さんと考えるゴミ問題と私たちにできること

(2022年6月23日開催)

ゴミ問題は身近な環境問題の一つです。ゴミの捨て方には、その人の想いや考えが表れるといいます。あなたのそのゴミの捨て方は、「大丈夫」と自信をもって言えるでしょうか。わたしたちの生活と環境のために今、できることを考えてみませんか?

お笑いコンビ「マシンガンズ」として活動の傍ら、ゴミ清掃員としても活躍されているマシンガンズ滝沢さんをお招きし、清掃員の日常を綴ったツイートが人気を集める同氏ならではの「ゴミ学」を語っていただきました。

【受講者の声】

  • 実例が豊富なお話で、実感ができるとても勉強になったご講演でした
  • 今日から更にもう一歩踏み込んで、ゴミを出さないライフスタイル作りや分別廃棄の徹底に取り組んでいきます。
  • 環境のために個人でできること、まだまだあるなと気づかせてもらえた講演内容でした。
  • 身近な問題である一方、環境を含め影響範囲が広いごみ問題について、真剣に考え対策をしなければいけないと思いました。

環境講演会・新規事業創出研修の実施
~NEC社会起業塾アドバイザーから学ぶ、気候変動を取り巻く社会とビジネスチャンス~

(2022年12月14日開催)

本業での環境活動加速を目的に、第一部で環境講演会、第二部では新規事業創出研修を実施しました。
第一部の環境講演会では、企業のみならず、NPOや自治体における社会的責任への取り組みの推進を支援されている、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者 兼 ソシオ・マネジメント編集発行人の川北 秀人様をお招きし、同氏ならではの視点で気候変動に関する動向や、そのような状況下でのビジネスチャンスについて講演いただきました。加えて、NECサステナビリティ推進部の稲垣様から気候変動に対するNECグループの最新動向について説明いただきました。

続く第二部では、川北様をアドバイザーとして、新規事業創出をミッションとするスマートシティ事業推進室を対象に、気候変動に関するシナリオ分析を元に新規事業創出研修を実施いたしました。「2030年気候変動がもたらす社会の変容と住民の暮らし」をテーマとした4つのシナリオを元に、どのようなシナリオになっても当社の事業を通して社会に貢献できるよう活発な議論が交わされました。
(※使用したシナリオは本ページを参照)

【受講者の声】

  • 一口に「環境」と言っても、気候変動に限らず、様々な社会環境の変化・要因が絡んでいること、ビジネスとして考えるヒントになることを認識した。企業と気候変動とのつながりが見えて勉強になった。
  • 講師からの問いかけに考えさせられた。とても示唆に富む設問だと思う。自分達で考え、気づくことができる内容だった。2030年、2050年にはどうなっているかと自分なりに考えてみるきっかけになった。
  • 具体的なデータと分析をもとに、多面的・多角的に話していただき、危機感を感じるとともに腹落ち感のあるお話だった。日ごろ聞いているニュースなどともリンクしていて分かりやすかった。

生物多様性

NECグループの生物多様性保全活動の一つである「NEC田んぼ作りプロジェクト」は、稲作からお酒造りまで、一年を通じて体験できる自然体験参加型プログラムで、日本第2位の広さをもつ茨城県の湖「霞ヶ浦」の貴重な水源地である谷津田(谷地にある田んぼ)の再生を通し、豊かな生き物が集う場をつくることで、生物多様性に貢献しています。

田植え

2022年5月21日(土)、茨城県牛久市上太田地区のNEC田んぼにて、3年ぶりに「NEC田んぼ作りプロジェクト」のフィールド活動を行いました。

今回の田植えは、今ではとても珍しい、『不耕起栽培』の田んぼにて田植え体験をしていただきました。不耕起栽培とは、冬の間、田んぼの水を抜かず、田植えの際も土を耕さずに栽培する方法で、土の中に眠っている雑草などの種の発芽を防いだり、田んぼの中にいる生きものにも優しい栽培方法です。

田植えが一段落した後は、認定NPO法人アサザ基金の飯島さんのガイドにより、田んぼ周辺の生きもの観察会を行い、生物多様性についての理解を深めていただきました。

稲刈り

2022年10月1日(土)、最高気温28度で日差しが強く少し汗ばむも、谷津田の特徴である谷地に吹く風が心地よく感じられました。

今回の稲刈りも、これまでに何度も稲刈りを経験している達人の皆さんから、安全な鎌の使い方や刈り取った稲の束ね方などを丁寧に教えて頂きながら稲刈りを実施しました。

また、田んぼ周辺の生きもの観察会を行い、フクロウをはじめ、沢山の種類の生きものたちがこの谷津田に戻ってきていることや、いくつもの種類のカエルやトンボ、バッタ、イナゴ、メダカ等々非常に多くの生きものに出会え、生物多様性についての理解を深めていただきました。