ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. CSR活動
  3. CSR経営
  4. 組織統治
ここから本文です。

組織統治

最適な意思決定を迅速に行い、変化に強い経営を目指します

NECソリューションイノベータは、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の強化に努め、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制を構築するために機構改革を積極的に推進し、経営の透明性を高めるとともに、経営のスピードアップ、戦略の強化、組織の生産性向上といったプラス効果の創出を目指します。

コーポレート・ガバナンス体制図

NECソリューションイノベータの業務執行の体制、経営監視および内部統制の基本的な仕組みは下図のとおりです。

コーポレート・ガバナンス体制図

経営の監視機能

取締役会は、法令および取締役会規則に従い経営上重要な事項について決議をし、または報告をすることで経営の監督機能の強化に努めています。当社は、法令および監査役の指摘に従い定期および必要に応じてNECの経営監査本部による監査を実施しています。

執行役員制度の導入

経営における意思決定の迅速化と業務執行に対する監督機能の強化を目的として、執行役員制度を導入しています。また、経営全般に関わる執行役員を中心とした社内の会議体として、経営の基本方針、戦略等を審議する「経営会議」と、事業の業績管理を行う「業績管理会議」を設置しています。さらに、取締役会は、必要に応じて各執行役員の担当する業務について執行状況の報告を求めることにより、経営の執行に対する取締役会の監督機能の強化を図っています。

内部統制システムに関する基本方針の制定

コンプライアンス体制、情報管理体制、リスク管理体制、財務報告に関する内部統制システムなどについて不断の改善・強化に努めています。また、2006年5月の会社法の施行に伴い、「内部統制システムに関する基本方針」を取締役会で決議し、これに則り業務を執行しています。

監査の体制

内部監査に関しては、NECの経営監査本部が客観的な立場で内部統制システムの検証を行っています。スタッフ部門は所管するそれぞれの業務領域において全社的な管理を行うことにより、各事業部門の業務執行に対する牽制機能を果たしています。

会計監査については、外部の監査法人と監査契約を結び会計監査を受けています。当社では、監査役を中心として、監査役、NECの経営監査本部、会計監査人が意見や情報の交換を積極的に行うことにより効率的な監査を実施しており、また、相互の監査の状況について牽制し合う体制を築いています。

このほか、当社は、会社に日常発生する法律問題全般について個々の状況に応じ、法律事務所から助言と指導を受けています。

ページの先頭へ戻る