サイト内の現在位置

経営として取り組む重要課題(マテリアリティ)

持続可能な社会の実現のために、経営として取り組む重要課題(マテリアリティ)を策定しています。

2030ビションの実現に向けた中期経営計画を基に「事業による価値創造」「事業成長のためのエンジン」「事業成長を支える経営基盤」の3層からなる、6つのマテリアリティを策定しました。

システムインテグレータとして、技術力・開発力やお客様の業種・業務知識などの幅広い知見をたゆまず進化させ、お客様の戦略パートナーとしてお客様価値の最大化を実現。

また、バリュー・プロバイダとして、さまざまなステークホルダーと共創し、人や社会の未来を描き、まだ見ぬサービスや新たな価値の創造に挑戦していきます。