ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。
Industry Eco-System
  • Industry Eco-System
  • Industry Eco-System

「画像解析」技術で、
よみうりランドを
もっとワクワクする場所に。

「遊びを、まん中に。」をスローガンに多彩なイベント戦略で
世の中にワクワクを届けている株式会社よみうりランド(以下、よみうりランド)。
もっと多くのお客さまに愛されるために、来園者の属性(性別や年齢など)のデータ分析・活用を考えていました。
そこで白羽の矢がたったのが、NECソリューションイノベータの『FieldAnalyst』。
NECグループならではの高度な画像処理により、来園者の属性データの集計効率化と高精度化を実現。

よみうりランドの「未来への一手」を、
NECソリューションイノベータのICTがサポートしています。
東京都稲城市
イメージイメージ

エントランスの屋根からカメラを吊り下げることで、お客さまの視界を邪魔せずに、死角なく画像を撮影。

●『FieldAnalyst』によって、詳細な属性データを一目でわかりやすく。

  • 男性年齢層別構成比
  • 女性年齢層別構成比
  • 時間帯来園者数と性別内訳
  • 「時間、性別ごとの来園者数が、一目でわかります。」
    (遊園地事業本部 横山氏)

高い画像認識技術に裏付けられた高精度なデータで
次代にむけたマーケティング戦略を強化。

「これまでは、来園者の属性を集計するといっても、子どもと大人といったチケット購入区分がメイン。あとは任意のアンケート集計も定期的に行っていましたが、どうしても回答してくださる方の属性には偏りがでますので、実態を捉えられているか疑問を持っていました。」(遊園地事業本部 小池氏)

イメージよみうりランドではプロモーション戦略の核となる来園者の性別、年齢といった属性データの高精度収集が課題でした。『FieldAnalyst』は、入場時の様子をエントランスの頭上に設置したカメラで撮影し、その画像から性別、年齢を推定しデータとして収集。入園口を利用するすべてのお客さまの年齢・性別を認識し、グラフ化します。「実数に基づいた来園者さまのデータを活用することで、どのイベントがどんな客層に支持されているのかが根拠を伴って把握できるようになります。例えば、桜の舞う春の季節とクリスマスでは客層が変わってくるはずです。データをもとにターゲットを絞り込むことで、イベントの魅力を倍増させたい。そうすれば、お客さまの楽しみをもっと広げられると考えています。」(遊園地事業本部 横山氏)

今後エントランス以外の場所にも『FieldAnalyst』を設置し来園者の動線がわかれば、災害時の職員の動きがより効果的になるという期待もあります。

「来園者の属性を分析し、活用することで、アミューズメント施設が活性化することは、他社の成功例からもわかってきています。手をかけずに自動的にデータが取れるのは素晴らしいこと。経験則での予測とすり合わせることで、もっと多くの方に喜んでいただけるサービス向上の一手を打っていきたいです。」(遊園地事業本部 小池氏)

もっと便利で、もっと安心な社会へ。
NECグループの高度な画像認識技術が、さまざまな場所で活躍。

よみうりランドさまがNECソリューションイノベータのシステムを選択した理由の1つとして、その高い画像認識精度があげられます。

「高度な画像認識技術は、マーケティングの分野などで広く活用されています。他社と比較して、1人の人物を二重でカウントしてしまうといった認識ミスの心配が少ないことが、よみうりランドさまに評価をいただいています。」(NECソリューションイノベータ 久保田)

イメージ左から2番目よみうりランド遊園地事業本部 横山雄哉氏、
左からNECソリューションイノベータ 関、久保田、芹生。
そんな『FieldAnalyst』が生まれたきっかけは、ある社員の暮らしの中での発見でした。コンビニエンスストアで会計をしている時に、店員がお客さまの属性を手作業で集計している姿を見て、画像認識の技術を活用して自動化できないかと気づいたのです。「今では『FieldAnalyst』は流通業のお客さまを中心に70社以上に採用。災害時、避難所に集まった人の数を把握する用途などのお問い合わせも増えており、今後は防災にも活用されていきます。もちろん、よみうりランドのご担当者さまとのお話からも新しい可能性が見えてきています。できるだけ多くの声を吸収し、画像認識技術でどう社会に貢献できるかを考えていきます。」

  • 久保田かおり
  • NECソリューションイノベータの「こころの目」

    先端技術ソリューション事業部 久保田かおり
お客さまの声をもとに、画像認識技術をもっと社会に貢献するシステムに。
画像認識技術への市場ニーズが高まるにつれて、さらなる高精度化、高機能化が求められていきます。その点、お客さまのリアルな声を私たちが吸い上げ、すぐに社内の開発チームにフィードバックする環境が『FieldAnalyst』には整っています。お客さまの声を元に、これからも、画像認識技術をもっと社会に貢献するシステムとして磨き上げていきます。

ページの先頭へ戻る