サイト内の現在位置

教育・文化・スポーツ

NECソリューションイノベータは、教育・文化・スポーツ分野への支援を通して、将来の社会を担う次世代の「生きる力」を育む一助となることを目指しています。教育活動で情報通信技術(ICT)が果たす役割やその良さを伝え、文化・芸術活動を通して豊かな心と想像力を、スポーツに親しむことで健全な心身を育み、人々がより明るく豊かに生きる社会づくりに貢献します。

教育

NECわくわくプログラミング教室

地域に根差した全国規模のICT企業として、主に小学生を対象としたプログラミング教室「NECわくわくプログラミング教室」を全国展開しています。ビジュアルプログラミング言語「Scratch」を使って、実際に自分でミニゲーム作りを体験することで、プログラミングの楽しさを知って持ち帰っていただいています。2007年に九州から活動が広がり、これまでに約20か所の会場で延べ1,300名以上の児童に体験していただきました。

※「Scratch」は MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループによって開発されました。https://scratch.mit.edu から自由に入手できます。

<主体的に本教室を開催している社員の声>
はじめはボランティアとして参加し、その後は自ら企画して本教室を開催させていただいています。最初はパソコン操作に不慣れで不安そうにしている子どももいますが、講義が終わる頃には笑顔いっぱいで楽しそうに遊んでいます。ほんの数時間で、子どもたちの成長を目の当たりにできるのが楽しいです。
また、地域の方との関係を深めることができるのもとても良いです。そして、プログラミングに興味のある仲間と知り合えることも魅力の一つです。仲間同士で情報を交換して、さらに活動を広げていけるのが楽しいです。
小学校のプログラミング必修化を受けて需要も増えると思いますので、引き続き、ボランティア活動を続けていきたいと考えています。本活動をますます広げていくためにも事業化を目指したく、パートナーを募集中です!

e-ネットキャラバン活動への協力

近年、多発しているインターネットを取り巻く社会課題の解決に貢献するため、総務省と文部科学省が運営参画している「e-ネットキャラバン」に2017年6月から全社体制で協力しています。本活動は、インターネットの安全・安心な利用に向けた啓発を目的に開催される、児童生徒を対象とした全国規模の出張講座です。全国で約140名の社員が認定講師として登録されており、各地の小中学校からの依頼に応じて出張講座を行っています。これまでに300を超える講座を引き受け、延べ50,000名超の児童生徒の情報リテラシー教育に貢献しました。本活動への協力が認められ、これまでに9名の社員が運営事務局からの感謝状を受けています。

new windowe-ネットキャラバンについて

<感謝状の贈呈を受けた社員の声>
安全・安心・効率・公平な社会の実現に向けて、「IT技術」とともに必要なのが「利用者の知識」であり、これらは両輪です。
社会のデジタル化が急速に進み、情報リテラシー教育のニーズは年々高まっています。本活動への協力は、私たちが目指す社会の実現にとっても重要な活動です。次世代を創る本活動、ぜひ一緒に進めましょう!

TOKYOスマート・スクール・プロジェクトICTサポーターへの協力

2021年から、NECとして東京都教育委員会および一般財団法人東京学校支援機構と協定を締結し、都内公立小中学校におけるデジタル活用を支援しています。本活動は、都内公立小中学校で2020年度末までに整備された一人1台端末の活用を促進するため、NECグループの社員ボランティアが、授業時間等における児童・生徒に対する端末操作や教員に対する教材作成等の技術的支援を行うものです。
当社としても50名の社員がサポーターとして登録されており、各校におけるデジタル活用を支援しています。

new windowNEC、東京都と連携し、都内公立小中学校のデジタル活用を支援

絵本を届ける運動への協力

2002年から、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会が主催する「絵本を届ける運動」に協力しています。1999年に始まった本活動は、絵本と接する機会を増やし、絵本を通してアジアの子どもたちの識字率向上につなげるため、日本で出版された絵本に現地語の翻訳シールを貼り付けて届ける活動です。 毎年、全国で200名前後の社員が参加し、300冊の絵本にラオス語、ビルマ語などの訳文シールを貼りつけています。完成した絵本は翌年の2月に旅立ち、順次アジア各国の子どもたちのもとに届けられています。

new window絵本を届ける運動について(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会サイト)

文化(企業メセナ)

NECソリューションイノベータ管弦楽団定期演奏会

NECソリューションイノベータ管弦楽団による地域貢献活動として、2018年から年1回、ティアラこうとう大ホールで同楽団による定期演奏会を開催しています。演奏会内では「誰もが安心して暮らせる街 江東区」をテーマにしたチャリティ活動も行い、集まった寄付金を全額、江東区社会福祉協議会に寄付しています。

新木場駅コンサート

2007年5月から、NECソリューションイノベータ管弦楽団による新木場駅コンサートを開催しています。東京メトロ・JR・りんかい線新木場駅のご協力をいただき、地域の皆さまや同駅で乗り降りされる学校・仕事帰りの方々に向けて、同管弦楽団による演奏を披露しています。

<楽団の声>
定期演奏会や新木場駅コンサートでは多くの方に足を運んでいただき、本当にありがたく思います。定期演奏会のお見送り時に"生の音楽は良いね"との声をいただいたり、 お客さまの笑顔を拝見すると、とても幸せな気分になります。また、駅コンサートでは、普段クラッシック音楽に親しみのない方にも 足を止めて聴いていただけることが、とてもうれしいです。
今後も地域の方に喜んでいただける演奏を目指していきたいと思います。

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団定期演奏会への協力

2009年5月から、東京都江東区を本拠地として活動している東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団による定期公演に協力しています。会場ボランティアスタッフとしても、社員がチラシの挟み込み作業やお客さまへのパンフレット配布等に協力しています。また、演奏会の招待チケットを福祉施設の利用者の皆さまに寄贈することで、音楽に触れる場を提供しています。

2020年は、新型コロナウイルスの影響で従来の演奏会開催が難しいなか、再開に向けた取り組みの一つになればと、当社発案によりオンラインでのイベント実施のノウハウを活かしたコンサートを開催しました。3密を避けつつ、地域団体と一丸になった、オーボエと弦楽四重奏によるオンラインコンサートです。7月26日(日) 当日は83名の方に、クラシック音楽を楽しみながら応援していただきました。

スポーツ

パラスポーツ観戦・ボランティア

障がいの有無等に関わらず、誰もがスポーツを楽しめる社会づくりを目指し、NECグループとして各種パラスポーツ大会を応援すると共に、各種ボランティア活動に協力しています。

マラソン大会ボランティアへの協力

江東シーサイドマラソン大会や大阪マラソン大会において、社員が運営ボランティアとして協力し、大会の円滑な運営に貢献しています。主にコース誘導員や荷物預かり受付等の協力を行っています。