SEのキャリアパスと仕事

SEのことをゼロからわかりやすくご紹介します。自分に合った役割や、働き方を見つけてください。

SEの仕事

SEはパソコンと向き合う仕事、と思っていませんか?
実は、お客様が何に困っているのか探るのも、SEの仕事のひとつ。当社のSEの仕事と可能性を、一緒に見にいきましょう。

当社のSEの仕事は、大まかに分けると5つ。
新しい価値を生み出し、貢献するために、社会や企業にある問題・課題は何かを考えるところから始まります。問題・課題が見えてきたら、お客様先を直接訪問することも。ソリューションを設計し、システムの機能を構築したり、運用までの段取りを考案。新しい技術を研究し、どのように技術を活かしていくかを考えているSEもいます。

  1. 課題を発見する

    社会や企業にある課題を見つけ出し、どのようなニーズがあるのかを分析します。課題は、目に見えるものから見えないものまでさまざま。現場に足を運び、意見に耳を傾け、どのような問題がでているのか、関係者が何に困っているのかを探ります。

  2. 技術をかけあわせる

    「安全・安心・効率・公平」な社会は、どのような技術で実現できるか。まだ存在しない技術であれば、どのように実現させるのかを検討します。時には複数の技術を組み合わせたり、社外の技術とコラボレーションしたり。課題を解決するためのソリューションを検討する段階です。

  3. 提案・受注

    お客様に対して、課題を解決するソリューションを提案します。実際の技術を使ってデモンストレーションを行ったり、プレゼンテーションをして説明をすることもあります。受注後も、お客様ごとに異なる細かいニーズを聞き取り、より良い機能を追求します。

  4. 設計・構築

    技術における機能を設計し、構築していきます。各技術の強みを活かしながら、試作や実験を繰り返し、理想に近づけていきます。社内外を巻き込むことも多いため、納期や費用の調整も重要な部分。プロジェクト全体として適切に進行させつつ、ソリューションをかたちにしていきます。

  5. 運用・保守・分析

    お客様のソリューション導入をサポートし、不具合があれば技術面から解決を目指します。技術の専門性を活かし、現状を分析し、ソリューションを改善。実際に課題が解決できているかを確認した後、次なる課題や新たなニーズを見つけることもあります。

SEの種類

当社のSEは、様々な働き方をしています。
専門性を発揮する人もいれば、プロジェクト全体を管理する人もいます。

  • コンサルタント

    お客様へのカウンセリング・提言を通じ、戦略やビジョンの実現、課題解決に貢献します。
    企業のITへの投資判断も支援します。

  • ビジネスコンサルタント

    経営、ITに関する知識を駆使して、ビジネスモデルを創出し、お客様に提案します。
    業務や業種に精通していることも重要です。

  • ITアーキテクト

    ビジネス、IT上の課題を分析し、ハードウェア・ソフトウェア技術の基本的な設計を検討します。
    お客様の戦略実現と技術、両方に向き合います。

  • ITスペシャリスト

    ハードウェア・ソフトウェアの専門技術を活用し、お客様の問題・課題解決に必要な設計を行います。
    ※システムやアプリケーションなど、専門技術に応じて、職種が多岐に分かれます。

  • テクニカルエキスパート

    個々の専門領域に応じて、新たなプロジェクトを立ち上げたり、新たな技術の導入提案、設計を行います。

  • プロジェクトマネジメント

    プロジェクトの提案から計画、進行を一貫して行います。
    メンバーの状況や、お客様の条件(費用や納期など)を正確に把握します。

  • 研究職

    各々の専門的な技術を研究します。
    新しいものを追求するだけでなく、技術の本質を理解し、どの領域で役立てることができるかの可能性も探っていきます。

SEのキャリア

当社のSEには、様々なキャリアがあります。
社員がやりたいこと・適性に応じて、様々なキャリアを歩んでいます。

  • 1~5年目

    エンジニアとして技術情報全般に関する基本知識を身に付けます。
    システム開発のプロジェクトメンバーとして参加しながら、今後のキャリアも見つめていきます。

  • 6~9年目

    お客様の戦略決定に貢献するか、システムの専門性を身に付けるかで、タイプが分かれます。
    複数の領域に関わったり、新しい業務に挑戦したりすることもあります。

  • 10年目以降

    お客様に新しいビジネスモデルや技術を提案し、価値を生み出していく段階です。
    領域や技術の知識を活かし、プロジェクトを牽引する立場になります。