サイト内の現在位置

製造業・建設業向け
勤怠工数管理ソリューション

FactoryHelper

勤怠管理と工数管理をシンプルに実現
現場管理の省力化、現場の生産性向上をサポート

勤怠工数管理を入口にバックオフィスの負荷を軽減、製造業・建設業のDX化を支援

生産性の向上と働き方の多様化を目指すうえで、情報収集と情報活用の基盤を構築していくことが重要です。
FactoryHelperは、勤怠管理の透明性の確保・リスク予兆把握など、勤怠管理の高度化を実現します。更に、勤怠・工数データの発展的活用により、生産性の向上と多様な働き方の実現をサポートします。

製造業・建設業における勤怠・工数管理のお悩みを解決

選ばれる理由

汎用製品はお客様社内制度に完全にはフィットしない一方、オーダーメイドで開発した製品は高額な費用がかかってしまいます。
FactoryHelperは、製造業・建設業のお客様に最適な機能を充実させながらも、それぞれのお客様にフィットする柔軟な作りで、セミオーダーメイドな勤怠工数管理を実現します。

導入実績

FactoryHelperは、製造業と建設業で数多くの導入実績があり、現場の知見やノウハウが豊富に集積されています。フレックスや 変形労働など、あらゆる勤務形態への対応が可能です。

  業種 対象人数 主な勤務形態
1 製造業(自動車部品) 7,000人 フレックス
シフト勤務(2,3交替)
2 製造業(自動車部品) 3,500人 フレックス
シフト勤務(2,3交替)
3 製造業(自動車部品) 2,000人 フレックス
シフト勤務(2,3交替)
4 製造業(自動車部品) 200人 フレックス
シフト勤務(2,3交替)
5 建設業(鉄道系) 800人 通常、変形労働
6 建設業(内装施工) 800人 通常、特殊勤務
7 建設業(土木系) 400人 通常、変形労働

よくある質問(FAQ)

Q1製造業・建設業以外の業種でも利用できますか?
A1

はい、ご導入・ご提案の事例がございます。

Q2勤怠管理のみを利用することはできますか?
A2

はい、可能です。勤怠管理をご導入頂き、次ステップとして工数管理へ発展させることもできます。

Q3カスタマイズを自社で実施することはできますか?
A3

はい、パラメータによるカスタマイズはお客様でのご対応が可能です。
プログラムに変更を加えるカスタマイズについては、現在は弊社にて対応させて頂いております。

Q4導入メリットを教えてください。
A4

TOPページの「お悩みを解決」、「特長/機能」ページをご覧ください。お客様のご都合にあわせ、随時個別相談会を実施しております。「お問い合わせ」よりご連絡いただければ担当者よりご説明いたします。

Q5動作環境について教えてください。
A5

システム構成」ページをご覧ください。

Q6導入事例、カスタマイズ事例はありますか?
A6

はい、豊富な導入実積がございます。「ユースケース」ページをご覧ください。

Q7実際の使い勝手や画面イメージをみることができますか?
A7

はい、簡易版にはなりますが無料でトライアル環境をご用意しておりますので、「トライアル」よりお申し込みください。

Q8料金について教えてください。簡易見積もりはできますか?
A8

はい、ご利用いただきます規模(ご利用社員数、機能等)・カスタマイズの有無等によって異なりますので、まずは「お問い合わせ」よりご連絡ください。

Q9自社の運用にフィットするか、直接話をしてみたい。
A9

お客様のご都合にあわせ、随時個別相談会を実施しております。現在の運用、お困りごと、システム環境など伺いながら、最適なプランをご提案いたします。「お問い合わせ」フォームからご連絡ください。
また、「勤怠管理システムチェックシート」に記入いただくと、現在の運用状況を整理することが可能ですので、ぜひご活用ください。

ニュース

お問い合わせ

詳細については、ぜひお気軽にお問合せください。

お問い合わせ・ダウンロード