ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. GISソリューション
  4. 初めてのGIS
ここから本文です。

何ができる?どう使える?簡単ガイド

初めてのGIS

GISとは

GIS(Geographic Information System、地図情報システム)とは、「地図」をベースとし、そのうえに「人」や「物」などの位置情報をプロットし、それらに付帯する情報を(属性)を管理するシステムです。

スタンドアロン・連携型GIS「GISAp Standard」の使用例

画面イメージ

1. ベースデータを入れる

現在使用している住所付きのCSVデータなど。

画面イメージ

2. 地図データを取り込む

市販地図コンテンツなどを利用できます。

画面イメージ

3. CSVデータを地図上で可視化する

アドレス/データマッチング機能を使えば、住所付きのCSVデータを地図上に簡単に自動プロットできます。
これにより、お持ちの情報を簡単に地図上に可視化することができます。

画面イメージ

4. 必要に応じて属性を付与する

住所以外の属性情報を任意作成して付与することも容易に行えます。

画面イメージ

5. 属性をもとに地図上で色分け表示

属性情報の条件を指定することで、地図上にプロットした情報を簡単に色分けして表示することができます。

6. 目的に応じたデータ集計/分析を行う

様々な情報を結合することで条件付けによる視覚的表現や位置的条件を組み合わせた抽出・集計・分析ができます。

画面イメージ

いかがですか。ポイントのみをご紹介いたしましたが、これらがGIS活用の基本的な流れです。

GISで具体的にできること

上記のように、GISを使うと、「人」や「物」などの「位置」あるいは「場所」をキーに、地図上にその所在を容易に視覚化できるだけでなく、地図と情報をさまざまに関連付けて整理することができ、状況の把握や分析、解析等が容易かつ効率的に行えます。

これらGISの機能を活用することにより、

たとえば、自治体様では、こんな仕事に活用

  • 上下水道や道路等の施設管理
  • 固定資産の面積測定(画地計測)、課税情報の管理
  • 都市計画図の作成や管理
  • 統合型GIS(全庁的な地図システムの共同利用)

などが行えます。

出典 総務省自治行政局地域情報政策室「統合型GISについて」より

出典:総務省自治行政局地域情報政策室「統合型GISについて」平成16年1月

  • とくに、統合型GISの活用では、部署ごとに同様の地図や台帳を作成整備することによって発生していた労力、時間、コストの無駄の解消につながります。
  • 部署の垣根を越えて横断的にデータを共有、連携、活用できるようになれば、これまで気付かなかった新たな情報が浮かび上がってくるかもしれません。単にひとつの業務、一部署の業務改革にとどまらず、全体波及効果の高いカイゼン活動が図れるのです。

画面イメージ

たとえば、企業様では、こんな仕事に活用

  • エリアマーケティング(出店計画や集客戦略立案)
  • 顧客情報管理・分析
  • 販売情報分析
  • 店舗・倉庫等の構造物、地下埋設物、電線やガス等の施設管理

など、様々なことに使えます。

  • 販促アプローチでは重点地域・重点顧客の抽出と訪問計画の策定に役立てることができるでしょう。またPCで作成した計画をタブレット端末で持ち出すようにすれば、効率的なアクションにつながります。
  • エリアマーケティングの「出店計画」を「建築・分譲計画」に置き換えれば、新規プロジェクトにあたってのマーケティング分析への活用、賃貸物件の効率的な管理といったかたちで、住宅・マンション事業にも大いに役立つ使い方が見えてきます。
  • BCP(事業継続計画)の策定に取り組む企業が増えていますが、エリア内でのサプライチェーンの被害想定の視覚的な整理、社員の帰宅支援マップの作成などにも有効です。

上記はほんの一例です。あらゆるビジネスにGISの活用シーンは広がります。

以上のように、業務データや顧客情報、市場調査データなどを地図一体で管理したり、地図上で見える化することで、管理、分析、アクションなどがより効率的に行うことができることこそ、GIS活用がもたらす大きなメリットです。

GISは、業務を変え、ビジネスを強くする「オフィスツール」に。

これまでのGISの活用は、ともすれば「高額」「専門的」というイメージがありました。しかし、昨今、パソコンを使って簡単に構築できるツールができたことで、GISは特別なツールから身近なツールへ大きく進化を遂げました。

NECソリューションイノベ-タのGISApシリーズは、「オフィスツールとしての地図利用」をコンセプトに、GISの豊富な機能を保持しながら専門知識がない方でも簡単に扱える操作性を追求しています。

「GISを活用したいけれど専門スタッフがいない」「できるだけコスト負担は抑えたい」「タブレットでも自在に持ち歩けるものがいい」そのようなご要望に応える好適ツールとして自信をもっておすすめします。

またGIS単体での利用はもちろん、部品として各種アプリケーションへの組み込み・連携も可能です。

自治体から企業まで、業種業態を問わず、GIS徹底活用の時代へ。ぜひ、GISApシリーズをご検討ください。

ページの先頭へ戻る