ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. GISソリューション
  4. 要援護者管理GIS GISAp 要援護者支援台帳システム
ここから本文です。

要援護者管理GIS GISAp 要援護者支援台帳システム

特長

GISAp 要援護者支援台帳システム

要援護者情報のほかに支援者や福祉・医療情報などを地図情報システムと連携して管理し、避難支援プランや災害時の安否確認など業務の効率化を支援します。

高い柔軟性 -自由度の高いシステム

台帳管理項目追加、検索条件登録、定型帳票の出力項目変更・簡易的なレイアウト修正等のお客様に合わせた運用を追加費用不要でご利用頂けます。

地図連携 -地図機能を活用し視覚的効果を発揮

地図とのシームレスな連携により地図機能を違和感なくご利用頂けます。各種データの場所の把握の他、ハザードマップ等の地図を重ね合わせた分析、計画に活用できます。

一括登録・更新 -住民情報などのデータ連携

住民情報、介護・福祉・障がいのデータを利用し、一括登録・更新できます。台帳に登録したデータから条件指定して地図上に位置をプロットすることができます。

機能紹介

  • 検索検索機能の抽出条件は様々な項目を自由に組み合わせ、無制限でタイトルをつけ登録ができます。また、検索結果をExcelへ出力することができます。
  • 台帳要援護者の基本情報の他、介護情報や民生委員、支援者等の情報を管理します。台帳で管理する項目を自由に追加することができます。
  • 帳票個別支援カード、避難行動要支援者名簿等の定型帳票の他にフリーテンプレートでお客様固有の帳票を作成することができます。
  • 管理ユーザ情報の管理、ログの管理ができます。操作履歴を管理保存することもできます。
  • 地図(オプション)要援護者や民生委員の居住地、避難所の位置等を地図上にプロットし視覚的に全体の状況を把握できます。また、ハザードマップを重ねた分析、避難経路の計画等にも活用できます。

画面イメージ

構成

Microsoft .NET Framework上で動作するC/S型システムです。一台構成にすることにより、スタンドアロンでの運用も可能です。

スタンドアロン型

スタンドアロン型

クライアント/サーバ型

クライアント/サーバ型

対応地図データ

  • 標準対応ESRI Shape形式、AutoDesk DXF、GML、GeoTIFF、WorldFile(TIFF/JPEG)、WMS、TMS、ZENRIN ZMap-TOWN II、ZNET TOWN API、昭文社 MAPPLE、Google Maps、NTT空間情報、GEOSPACE CDS、Microsoft Bing Maps、地理院地図
  • 取込可能SIMA、DMデータ、地籍フォーマット2000、国土地理院 数値地図、基盤地図情報など
  • ※ インターネット接続環境およびサービス提携者との利用契約が必要となります。
    対応地図は順次拡大中です。ここに記載がない地図はお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る