ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. 筆談アプリ
  4. 機能紹介
ここから本文です。

機能紹介

本アプリは、聴覚障がい者にとって使いやすいものにすることを一番に、何度もヒアリングを繰り返し、見やすさ、操作のしやすさなどに徹底的にこだわりました。
普段携帯電話のメールすらほとんど使うことがない方でも、スムーズにタブレットを操作することができ、円滑なコミュニケーションがとれるようになります。

あいさつ画面

  • 耳が不自由であることを簡単に伝えられます。
  • あいさつ文は3パターン用意しています。

    • 「私は耳が不自由です はっきり口元を見せて、話してください」
    • 「私は耳が不自由です お手数ですが筆談してください」
    • 「私は耳が不自由です 手で合図してください」
  • それぞれ音声による発声も可能です。音声による発声中は、端末のLED点灯とバイブレータの鳴動を行います。

手書き画面

  • ペンと紙やホワイトボードなどの筆談手段に代わりに、指やタッチペンで画面に書くことで簡単に筆談することができます。
  • 「下絵」には自由に書ける「白紙」の他に、「体」「いつ」「どこで」「だれが」の4種類を用意していますので、各「下絵」のキーワードの組み合わせにより、簡単に文章を組みたてることができます。また、カメラで撮影した画像を「下絵」に表示することもできます。

下絵に「白紙」を使用

下絵に「いつ」を使用

ことば画面

  • 日常よく使う文言があらかじめ登録されており、手軽に意思を伝えられます。
  • コンビニやスーパー、タクシーなど、日常生活のシーンで良く使う文言を選んで相手に示すことができます。
  • 文言は、生まれつき耳の聞こえない方が理解しやすい文法で初期登録しています。
  • 文言は、ユーザが追加したり、削除したりできます。

りれき画面

  • 「手書き画面」、「ことば画面」で書いた内容はタイトルを付けて保存することができます。
  • 保存した内容を呼び出して再度表示させたり、書き足しなどの修正を行うこともできます。

緊急画面

  • 緊急時に、すぐに必要な情報を伝達できます。
  • サイレン音を端末の最大音量で鳴らして聴者の方に助けを求めることができます。
  • 「火事」「救急」「事件・事故」「災害」の4つの緊急時に対応できる手書き図を用意しました。
  • 手書き図を端末の位置情報と共に予め登録した相手に送ることもできます。手書き図は添付ファイルとして送信されます。

4つの緊急時に対応

「救急」の手書き図

録音機能

  • 筆談の相手の方が話す内容を端末のマイクで録音することができます。
  • 録音した音声は、りれき画面で聞くことができます。

ページの先頭へ戻る