ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. 筆談アプリ
  4. 適用事例と導入メリット
ここから本文です。

適用事例と導入メリット

筆談アプリは、聴覚障がい者様ご自身、「窓口」「受付」などで「お客様」と対応される方のコミュニケーションツールとして導入することができます。

トライアル実施

福島県郡山市「奥羽大学薬学部」の聴覚障がいを持つ学生の方へ実務実習用として「筆談アプリ」を貸出しています。福島市内薬局での実務実習に活用していただいており、薬局スタッフさんとのコミュニケーションや患者さんとの「服薬指導」などの用途で利用していただいています。積極的なコミュニケーションに繋がることを期待しています。

薬局での患者さんへの「服薬指導」の様子

薬局での患者さんへの「服薬指導」の様子

薬局での患者さんへの「服薬指導」の様子

見開き式(B5サイズ×2枚)のホワイトボード(従来の筆談器)見開き式(B5サイズ×2枚)の
ホワイトボード(従来の筆談器)

薬局内ではホワイトボードやメモ帳などの従来の筆談器を使用すると、消しカスが発生して白衣や机の汚れが気になるが、「筆談アプリ」を使用することで、それが発生しない衛生的なメリットがある、というご意見を頂いています。

事例1

聴覚障がい者様ご自身が従来利用している筆談器やFAX、メモ用紙などに代わる新しいコミュニケーション手段

事例2

市役所や役場、公共施設、病院、薬局、スーパー、コンビニ、レストラン、ホテル、観光施設、スポーツ施設、娯楽施設などあらゆる「窓口」、「受付」、「お客様対応」におけるコミュニケーションツール

ページの先頭へ戻る