ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. システム基盤「intra-mart」導入サービス
ここから本文です。

システム基盤

「intra-mart」導入サービス

サービス終了のお知らせ

本サービスの提供は、2018年7月12日をもって終了いたしました。
ご了承くださいますようお願いいたします。

intra-martはアクセスセキュリティや柔軟なワークフローエンジン等、豊富な業務コンポーネント群を備え、システムの拡張性に優れたシステム基盤パッケージです。
豊富な導入実績に基づき、下記サービスを提供いたします。

  • intra-martの環境構築/導入支援
  • ワークフロー/業務システムの開発
  • 簡易画面作成ツールの導入/レクチャー

intra-mart  サービス概要図

  • 出展:株式会社NTTデータイントラマート社 「intra-martとは?」
  • 「intra-mart」は株式会社NTTデータイントラマート社の登録商標です。

特長1: システム基盤としてワークフローを集約

システム基盤として、intra-martの簡易画面作成ツールや開発基盤を活用することにより高効率、低コストでワークフローシステムを構築できます。それによりアプリケーションごとに乱立しているワークフローを集約することができます。

intra-mart  システム基盤としてワークフローを集約

特長2: ポータルサイトとして活用

各種集計結果を表やグラフで表示でき、その他アプリケーションの情報も集約表示が可能なポータルサイトを導入します。全社、グループ会社、部門、個人の単位でポータルサイトを表示することができます。

特長3: 様々な部門の要求に応える文書管理

「アクセス権限の設定」「セキュリティレベルの設定」「ワークフローの設定」により、企業内の様々な部門の要求に応える文書管理システムを実現します。
(文書管理システムは別売のアプリケーションとなります)

intra-mart  システム基盤としてワークフローを集約

特長4: グループ会社、取引先まで含めたグループウェア

スケジュール(施設予約含)、To Do、伝言メモ、インフォメーション、ファイルライブラリ、共有住所録等グループウェアの必須機能と、特定関係者のためのワークスペース機能を備え、intra-martの柔軟なアクセスセキュリティ機能を活用してグループ会社、取引先まで含む情報共有が可能な仕組みを実現します。
(グループウェアは別売のアプリケーションとなります)

intra-mart  システム基盤としてワークフローを集約

特長5: ERPシステムと連携するフロントエンドシステム

ERPシステムのフロントエンドシステムとして、ファイルやWebサービスを用いて連携します。また、オプション製品との組み合わせにより、SAPとリアルタイム連携を実現します。

intra-mart  ERPシステムと連携するフロントエンドシステム

特長6: 豊富な導入実績

製薬、食品、製紙、金融、通信サービスでの対応実績があり、業種・企業規模を問わず導入が可能です。

ページの先頭へ戻る