サイト内の現在位置

ゴルフ場が生き残るカギは デジタル社会への対応 最新技術の導入が未来へつなぐ
経営のヒントを無料でご提供
 ゴルフ市場の売上は、この10年間横ばい傾向ですが、20年前と比較するとゴルフ人口は40%減という状況です。ゴルファーの高齢化が進み、さらに削減の恐れがあります。一方で、スター性のあるプロ選手の登場や、世界規模のスポーツ大会の開催など、ゴルフ人口増加のチャンスが目の前に訪れています。ゴルフ場が生き残るために、今取り組むべきものとは何でしょうか。課題解決の詳細、そして未来に向けた経営のヒントをご覧ください。

これからのゴルフ場・練習場経営者には、
ICTを駆使した利便性やエンターテイメント性と、
従来サービスの向上や新サービスの開発が求められます

シーン1

ゴルフ場 練習場

Before |
受付業務に手間と時間がかかる

顔認証の導入による受付の自動化

After |
来店と同時に受付が完了し、スムーズな案内が可能

メリット
  • 受付業務簡略化によるコスト削減
  • 受付時間短縮による顧客満足度向上

シーン2

ゴルフ場 練習場

Before |
VIPやリピーターへの接客レベルに差がある

顔認証の導入による顧客情報の即時表示

After |
お客さまに応じた適切な対応が可能

メリット
  • すべての従業員について
  • お客さまに応じた適切な対応が可能

シーン3

練習場

Before |
人材不足で深夜営業ができない
深夜営業をしているがセキュリティに不安がある

顔認証導入による深夜無人店舗化、不審者侵入防止

After |
安全・安心な深夜営業が可能

メリット
  • 深夜営業対応による
  • 若年層の来店増・収益アップ
  • 店舗のセキュリティ強化

シーン4

練習場

Before |
練習場(レッスン)会員の増加と定着を図りたい

骨幹タイプの判別によるお客様に合った指導の実施

After |
お客さまの骨幹に合ったスイング提案によるスコアアップ

メリット
  • 顧客に合った指導による会員の定着
  • 他社との差別化
  •  
ゴルフ場・練習場が抱える課題を解決するためにはICT活用が重要です 生き残るために必要な経営のヒントを、ぜひこちらの資料でご確認ください
20年間で顧客が40%減少ゴルフ市場 未来のために、今取るべき対策とは ゴルフ市場とゴルフ人口の現状と今後 ※サンプルイメージです。
ゴルフ場・練習場の現状と課題、それを打破するための解決策、そして「ゴルフ場向けICTソリューション」の活用例の詳細をまとめました。未来に向けた経営のヒントを、ぜひご一読ください。
NECの顔認証技術を活かした
「KAOATO」

世界No.1(※)評価の顔認証エンジンを搭載。あらかじめデータベースに登録した人物の顔画像と、監視カメラが捉えた人物の顔画像を高速・高精度に自動照合します。スムーズな受付業務と少人化を同時に実現するとともに、登録されていない部外者の立ち入り防止に使えるのでセキュリティ強化にも役立ちます。

※米国国立機関による動画顔認証の性能評価で第1位を獲得
3Dセンサーで身体のタイプを知る
「NEC立ち姿勢判別システム」

鴻江スポーツアカデミー・鴻江寿治氏による骨幹理論では、人体のバランスをうで体、あし体の2種類に判別します。NEC立ち姿勢判別システムはこの知見を取り入れ、3Dセンサーの前で3秒間足踏みするだけで体のタイプを判別し、さらに骨格のずれの特徴量を算出します。