サイト内の現在位置

塾・学校で

校舎などのゲート管理に、学生の出席管理に

ゲート管理

  • 職員や出入り業者の入退管理システムに顔認証を組み合わせることで、よりセキュアな入退管理が可能になります。
  • 業者、保護者の事前了解のもと顔画像登録を行い、それをもとに来訪時の本人確認をするといった対策が可能です。
  • 専門学校や大学などでは重要施設への関係者以外の立ち入りを防ぐうえでも、IDカードや暗証番号入力による電磁ロックドアシステムに、プラス顔認証の組み合わせをおすすめします。
  • 校舎出入り口周辺を監視する監視カメラ映像に記録されていた部外者の顔画像を切り出し登録しておけば、その人物が立ち寄った際は事務室や警備室に通知されるので事前の対処が可能になります。

出席管理

  • 教員が名簿を用いて学生の出欠を確認する代わりに、専用のタブレット端末を用いて学生本人が確認することで、なりすましや代返の機会を減らすことができ、正確な出欠確認が可能になります。
  • 基本情報(学生情報、教員情報、授業情報など)の登録処理を自動化したり、学生本人が専用のタブレット端末を用いて確認したりすることで、登録処理や出欠カードの回収などの業務を削減できます。
  • 専門学校や大学などで出席管理システムと顔認証を組み合わせることで、教員がリアルタイムに学生の出欠状況や学生情報を確認でき、授業支援に貢献します。

お問い合わせ・ダウンロード