ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援
ここから本文です。

NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援

特許出願済み

AI技術を活用し、製造ラインでの生産状況を「見える化」 NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援

製造ラインの良品/不良品(2級品)等の自動判定や生産状況をリアルタイムに把握できるAI技術を活用した「見える化」サービスです。

製造ラインの生産状況を見える化

  • 必要となる主な設備はネットワークカメラとPCのみ。既存設備を変更せずにカメラを設置して開始できます。
  • ネットワークカメラからの映像をAIが解析し、対象物を自動判定(良品/不良品(2級品)等)します。

見える化の効果

  • 熟練技術者のノウハウをAI化することで、品質基準の統一や業務効率の向上を支援します。
  • リアルタイムな状況把握や迅速なフィードバックが可能になります。
  • クラウド活用により現場以外でも製造ラインの状況を把握できます。
  • 不良品(2級品)の発生率や終了時間の予測が現場での作業指示に役立ちます。

特長

市販品の
ネットワークカメラによる撮影

AI技術を活用した
良品/不良品(2級品)自動判定

AI判定データを
クラウドで共有し、見える化

「特長・お客様メリット」を詳しく見る

  • 本製品は特許出願技術を採用しています。
  • 実際の判定の精度は、対象物の状態(大きさ、色合い等)や撮影条件、学習データ等に左右される可能性があり、判定の精度および本サービス利用の結果について保証をするものではありません。

ページの先頭へ戻る