ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. 電子カルテシステム「MegaOak-SyntheScope」
ここから本文です。

電子カルテシステム

MegaOak-SyntheScope

MegaOak-SyntheScope

病病・病診、さらに地域包括(医療)ケアの明日へ。Hospital Relationの新たな展開を見つめます。

担当者が語る 課題別適合事例へ

MegaOak-SyntheScopeは、「複数病院での共同利用とデータ共有による、1患者1カルテの実現」を目指し、ITメーカーとして長年培ってきた医療業務のノウハウと、高いソフトウェア開発技術力を駆使して開発されたWeb型の電子カルテシステムです。

情報システムの形態はクライアントサーバ型からWeb型へと転換が進みつつあります。 あわせて、医療業界においても地域完結型の医療連携体制の構築が進められてきています。

Web型システムでは、サーバで集中管理しますので、端末の新規導入やアプリケーションの仕様変更のために、複雑な再構築や展開作業を必要としません。また、安全で効率的な運用を行うために、情報基盤は常時、見直しが発生します。そこで、短時間で柔軟に対応できるWeb型電子カルテシステムへの移行は時代の必然とも言えます。

医療機関の皆様へ

ページの先頭へ戻る