介護予防ソリューション

自治体ソリューション「PowerAssistant」・行政業務ソリューション

今、介護予防業務が抱える課題は何でしょうか?

  • 個人基本情報、高齢者台帳、実態把握調査、相談記録、サービス台帳、統計、給付・請求などのさまざまな情報を一元管理したい。
  • 自治体と地域包括支援センターとで、情報共有ができていない。
  • 介護予防システムは、インターネット回線を介さないネットワークの利用により、安全なシステム運用をおこないたい。

PowerAssistant 介護予防ソリューションが解決します

介護予防ソリューションの中核となる介護予防マネジメントシステムを中心に、予防業務に柔軟に対応

介護高齢課、地域包括支援センターなどのご担当向け

自治体様と地域包括支援センターをネットワークで結び、情報の一元管理及び情報共有が可能

介護予防業務の中で個人基本情報のほか高齢者台帳、実態把握調査、基本チェックリストなどの各種情報管理と、相談記録、サービス台帳、統計、給付・請求までをトータルに管理します。自治体様と地域包括支援センターをネットワークで結び、情報の一元管理及び情報共有が可能です。
今後業務量増加に伴う外部への委託に際しても、インターネット回線を介さないネットワークの利用により、安全なシステム運用が可能です。

主な特長

強固な情報セキュリティ

情報閲覧の制限
  • 自治体職員、委託先職員の利用者IDを識別し、利用可能な機能メニューを限定することができます。
  • 委託先職員から担当区域外の個人情報閲覧を制限することができます。
  • 本人の同意に基づき情報公開に制限を設けることができます。
  • オンラインの利用状況についてアクセスログを採取し、不正アクセスなどの抑止・追跡が可能です。
  • 電子文書管理データについて、ドキュメントの種類ごとに公開レベルの設定が可能です。(電子文書管理システム利用時)

運用への柔軟な対応

サーバ単位のライセンス

導入時サーバ構成のまま委託先を新設・追加される場合は、新たな追加ライセンスは発生しません。

Excel形式アセスメントツール

国様式アセスメントツールをExcel形式でご提供しますので、改定作業はお客様ご自身で行えます。

EUCツール*SimpWright(オプションにてご提供)

介護予防ソリューションのシステム上にない、各自治体様が固有に非定型な情報加工をしたい場合に有効なツールです。検索や作表パターンを登録することで定型化することも、お客様ご自身の作業として簡単におこなえます。
*End User Computingの略称です。

情報連携インターフェース

各種システムとの情報連携

各自治体様の既存システム(住民記録情報、介護保険情報)からの情報取り込み用標準インターフェースを用意しています。認定ソフトの最新バージョンに対応した取り込み標準インターフェースをご提供します。

介護予防ソリューション利用機能一覧

介護予防
マネジメント
システム
  • 基本個人情報照会
  • 高齢者台帳
  • 実態把握調査
  • 基本チェックリスト
  • アセスメント
  • 新予防給付計画
  • 日常生活支援総合事業
  • 認定調査情報照会
  • 介護保険資格受給 情報照会
  • 住記世帯情報照会
  • アセスメントツール 管理(Excel)
相談記録システム
  • 基本個人情報照会
サービス利用
台帳システム
  • サービス利用台帳
  • サービス受給一覧
電子文書管理
システム
  • 電子文書ファイリング
給付・請求
管理システム*
  • 給付管理
  • 請求管理
統計管理システム
  • 新予防給付対象者一覧
  • 日常生活支援総合事業対象者一覧
  • 新予防給付再アセスメント候補者一覧
  • 日常生活支援総合事業
    再アセスメント候補者一覧
  • 基本チェックリスト対象者一覧
  • アセスメント基礎情報対象者一覧
  • 新予防給付サービス利用者数集計
    (生活圏域別・要介護別・年齢別)
  • 日常生活支援総合事業サービス
    利用者数集計(生活圏域別・年齢別)
  • 相談記録集計

お問い合わせ・ダウンロード