サイト内の現在位置

人事異動AI支援ソリューション特許出願済みの技術を採用しています

自治体ソリューション・行政業務ソリューション

概要

行政機関における業務の効率化・高度化を推進する、「スマート自治体」への流れが加速しています。なかでも人事の評価・異動の業務では、専門知識やノウハウを備えた職員への依存・負荷が高まり、業務効率の低下が顕著です。人事異動AI支援ソリューションは、自治体における人事業務全体の効率化・高度化を促進します。

人事業務の課題

  • 「働き方改革」が求められるなか、人事関連の部局では業務の効率化が進まない。
  • 専門の知識やスキルを備えた職員に業務が集中し、属人化から脱却できない。
  • 人事異動期には負荷が急激に高まり、職員の業務リードタイムが伸長している。
  • 評価・異動の公平性や客観性を担保できず、不満やクレームが増加傾向にある。

専門性の高い人事業務の効率化・高度化を推進

高度な専門性が必要な人事異動業務に対して、過去の異動履歴や人事情報をAI技術で分析することで異動者の予測や最適配属先の選定を自動化し、人事業務の効率化・高度化を実現します。また、既存の蓄積データをもとに分析しシミュレーションを行うことで、今後の人事異動業務の負荷を低減し、属人化からの脱却を促進します。

AI注目ポイント
人事業務全体の高度化と最適配置を強力にサポート

職員や配属先ポストごとに点数化し、組み合わせ最適化分析を実施

過去の異動情報から、既存の条件や暗黙知などのルールを明文化し、その条件と過去の異動情報を突き合わせ、AIに繰り返し学習させて精度を高めます。人事情報から既存の条件を満たした、最適な人材配置案を作成します。

過去の異動履歴との組み合わせで、異動原案(初版)を自動生成

それぞれ異動候補者予測、最適配属先シミュレーション、異動原案の最適化の機能を用いることで、人事異動時の配置検討に要する時間を短縮し、職員のパフォーマンスを最大化する客観的かつ公平な異動原案を作成できます。

導入効果

職員の過去の異動関連データや、参考データなどを組み合わせてAI分析し、適材適所の最適な人事異動案を創出して、業務の効率化と高度化に貢献します。

組織全体の導入効果

業務現場の導入効果

導入事例

■福島市様
人事業務へ本ソリューションを適用した実証実験を行い大きな成果を上げています。例年に比べ、トータルで2人月弱の省力化と業務の効率化・高度化を達成しています。

お問い合わせ・ダウンロード