ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. Web電子帳票管理システム「ReportFiling」
  4. オプション機能
ここから本文です。

オプション機能

各種オプション製品で、より快適な電子帳票環境を実現します。

PDF分割オプション

大きなサイズのPDFをそのままReportFilingに登録すると、クライアントPCからの閲覧(ダウンロード)に時間を要するなど扱いにくい場合があります。また、複数部署の情報が混在した内容で、他部署には見せたくないページが存在する場合があります。その場合、登録するPDFファイルの、ページ内の特定領域の文字列をキーとして、ページ仕分けします。仕分けしたPDFごとに、セキュリティの設定や格納フォルダなどを個別に指定できますので、その部署にだけ見せたいページを公開することができます。

PDF分割オプション システム図

PDF分割オプション

PDF分割オプションを導入すると、登録元PDFの分割キーの値によって、PDFを分割し、別々のフォルダに登録できます。
キーワードを用いずに、固定ページ数で分割することもできます。

ページの先頭へ戻る

e-文書法/電子帳簿保存法(スキャナ保存)に対応します。

タイムスタンプオプション

平成27年度の税制改正により、これまでスキャナ保存の際に必要とされていた電子署名が不要となり、タイムスタンプを付すことで、領収書・請求書・納品書・注文書・見積書の電子帳簿保存申請が可能となりました。タイムスタンプの付与・延長、税務監査者による一括検証機能を提供します。原本を保管するコストの軽減や、検索機能による利便性の向上を実現します。

タイムスタンプオプション システム図

本オプションは、JIIMA(公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会)の「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を受けた製品です

国税関係書類以外にも、PDFが改竄されていないことや、文書作成日の証明に用いることが可能です。
他システムとの連携登録に関して、ご相談を承っております。

  • 本オプションは、アマノタイムスタンプサービスの契約が必須です。
  • 電子帳簿保存法(スキャナ保存)対応には、環境設備や業務プロセスの整備等(帳簿との相互関連性についての方式決定を含む)、適正事務処理要件への対応が必要となります。

ページの先頭へ戻る

スキャン文書上のQRコード・バーコードを解析し、検索情報として登録します。

QR・バーコード読み取りオプション[New]

QR/バーコード読み取りオプションは、ReportFilingにPDFを登録する際に、PDF上に表示されたQRコードやバーコードを自動解析し、解析結果をキーワードデータとして登録する機能です。

平成27年度の税制改正により、スキャナ保存の要件の一部が改正されました。これまで、紙で保管が義務付けられていた書類が、条件を満たせばスキャンデータで保管することが許されています。本オプション導入により、スキャナ保存の要件である金額・日付・相手先などの検索データをバーコードから取得・登録することで運用上の負担が軽減できます。

本オプションは、QRコードやバーコードが印刷された台紙を出力するシステム(出張精算を行うワークフローシステムなど)と連携することを想定しています。

QR・バーコード読み取りオプション システム図

現在、NECのWeb型承認ワークフローシステム「EXPLANNER/FL」、「FlowLites」との連携を提案いたしております。製品窓口にお問い合わせください。

「EXPLANNER/FL」、「FlowLites」との連携イメージ図

ページの先頭へ戻る

電子化した紙文書を管理、検索可能にします。

画像PDF・活字解析オプション

スキャナや複合機を用いてPDF化した文書内の活字を解析して、全文検索ができる形でReportFilingに登録します。レイアウトにかかわらずページ全体を解析するので、オフィスに氾濫するさまざまな様式の紙文書の一括管理が可能です。日々増え続け、保管が必要な文書を破棄して保管コストを削減したり、紙でしか存在していない文書を高速で検索できるようになります(解析後の検索情報は、管理者画面から修正することができます)。

画像PDF・活字解析オプション システム図

大量に蓄積された紙文書を電子化して、オフィスのペーパレス化に貢献します。

ReportFiling(オプション製品)リーフレット PDFダウンロード

ページの先頭へ戻る