ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. NEC 食品衛生記録支援サービス
ここから本文です。

特許出願済み

音声自動認識ソリューション

NEC 食品衛生記録支援サービス

音声自動認識×クラウドで、調理・加工現場にイノベーションを!

サービス終了のお知らせ

本サービスの提供は、2018年12月31日をもって終了いたしました。
ご了承くださいますようお願いいたします。

食の調理・製造工程に関わる各種モニタリングの記録に非接触ハンズフリースタイルを提供。
保存・保管はクラウドで効率化することが可能。

モニタリング記録作業の効率化と、記録内容の高信頼化を支援。

食品加工施設、セントラルキッチン、給食施設、食品スーパーのバックヤードなどでは、食品安全衛生管理の徹底を図るため、食材調理温度、提供温度の記録、洗浄液の塩素濃度の良否判定、洗浄温度・付け置き時間の記録、油の 酸性度の良否判定の記録など、さまざまなモニタリング記録作業が行われています。ペンと紙を手にした手作業が 一般的で、記録実施者の作業負担の軽減、記録内容の信頼性向上などの面から新たな改善策を求める声が多く聞か れます。本サービスは、「手書き」から「ハンズフリー」へ、モニタリングしたデータの音声入力という新しい記録スタイルを提供することにより、作業の効率化と記録情報の信頼性向上等を支援します。

「手記入記録スタイル」のさまざまな問題に着目

安全衛生管理の徹底に必要とはわかっていても、

  • 「調理しながらの記録作業には抵抗感がある」
  • 「手袋脱着は手間がかかって煩わしい」
  • 「つい後からまとめて記録という誘惑も…」

という声も聞かれます。

↓

「音声入力記録スタイル」で現場改善に大きく貢献

本サービスなら、記録実施者は、ウェアラブル型マイクを装着し、対応スマホを身に着け、身軽にモニタリング対応。記録作業にあたっての負担、ストレスの軽減を可能にします。

  • 本製品は特許出願技術を採用しています。

ページの先頭へ戻る