サイト内の現在位置

NEC クロスドメイン型
デジタルサービス構築
プラットフォーム
キャッシュレスサービス

地域にあつまるひとびとの消費活動をキャッシュレス決済により支え、消費行動を可視化することで、地域経済の活性化や持続的な発展を支援します。

お問い合わせ

本サービスは、まちづくり会社によるエリアマネジメント支援、域内事業者のデジタルトランスフォーメーション推進を行いながら地域課題を共有・解決することで新たな価値を創造し、地域経済の活性化・持続的な発展を実現を目指す「クロスドメイン型デジタルサービス構築プラットフォーム」第一弾のサービスです。
地域経済圏全体をキャッシュレス化するサービスを展開することで、旅行者などの地域滞在者の消費活動における利便性を高めて地域経済活性化を狙います。
また、地域滞在者の消費行動分析を支援しますので、分析結果をエリアマネジメントに活用することで地域経済の方向性を定めて更なる活性化を目指せます。

サービス概要

特定地域の観光事業やエリアマネジメント事業で独自のキャッシュレスサービスを実現することが出来ます。
観光ルートや商店街地域で本サービスを活用した送客による地域経済の活性化や、地域イベントに連動させて期間限定でサービス導入するようなことも可能です。
キャッシュレス決済は独自のデジタルIDを使ったQRコードを使います。利用者だけでなく店舗側も新たに機器を設置を投資する必要がなく自身のスマートフォンを利用してキャッシュレスサービスを利用することができます。

全体イメージ

利用イメージ

キャッシュレスサービス利用の流れは以下の通りです

  1. サービス利用開始:利用手続きで、自身のクレジットカード情報とキャッシュレスサービスを紐づけます
  2. 決済:デジタルIDを埋め込んだQRコードを使って各店舗で決済します
       (決済毎に決済代行会社へ決済情報が送信されます)
  3. サービス利用停止:QRコードを無効化してキャッシュレス機能を無効化します
サービス利用開始
決済
サービス利用停止

本サービスを導入するメリット

低コストで店舗に導入可能

店舗側に特別な決済端末を必要としません。自身が持っているスマートフォンを使って決済機能を導入できます。
また、月額課金のため、イベント内の決済利用など、期間限定で利用することも可能です。

収集した地域データを活用

利用者の消費行動などの分析結果をエリアマネジメントに活用することができます。
分析結果を更なる地域経済の活性化や継続循環実現に活かせます。

地域特性にあわせた柔軟なサービス提供

本サービスは地域特性に合わせて展開内容を決めるソリューションですので費用面も含めて地域の状況に応じた柔軟な対応ができます。
キャッシュレスサービス単体の提供だけでなく、予約システムなど他システム連動も相談に応じます。

本サービスの特長

特定地域やサービス事業に限定した独自キャッシュレスサービスの提供

特定地域の観光事業やエリアマネジメント事業で独自のキャッシュレスサービスを実現することが出来ます。
観光ルートや商店街地域で通常のキャッシュレスサービスのひとつとして導入するだけでなく、地域イベントに連動させて期間限定でサービス導入することも可能です。

利用期間を限定したキャッシュレスサービスを提供

サービス利用開始から利用停止までの限定された期間のみ利用可能な決済用QRコードを発行します。
使い終わったらいつでも利用停止することができますので安心安全です。

2種類のデジタルID登録を選択可能

日本で普及率の高いコミュニケーションアプリ「LINE」のほか、より安全性の高い生体認証付カード(貸出方式により近日提供予定)へ決済用デジタルID(QRコード)を登録することができます。

個人のデジタル認証(多要素認証技術)とサービス認可

利用者本人が所持するはずのスマートフォンやカード提示(WYH認証)に加えて、「LINE」の場合はスマートフォンがもつパスワード等の認証解除操作(WYK認証)、生体認証付カードの場合は指紋認証(WYA認証)を使った多要素認証を決済時に使えます。
また、決済サービスは連絡によりいつでも利用不可にできます。

提供価格

本サービスはサブスクリプションによる月額サービスです。
実際の価格は事前ヒアリングにより決定させて頂きます。

(価格に関する基本的な考え方)
  月額利用料 : 基本料金 + 決済手数料    ※決済手数料は店舗や決済する商品等により異なります

  • 「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ