ページの先頭です。
ここから本文です。
在庫適正化は物流の永遠の課題か?

流通・物流・卸売業向けソリューション / ホワイトペーパー在庫適正化は物流の永遠の課題か?

数多い物流現場の課題の中で、今も昔もトップレベルの位置づけを
譲らないのが、在庫管理です。

月刊マテリアルフロー編集長 菊田 一郎氏

在庫適正化は物流の永遠の課題か?

数多い物流現場の課題の中で、今も昔もトップレベルの位置づけを譲らないのが、在庫管理です。

物流現場は在庫管理に困っている

数多い物流現場の課題の中で、今も昔もトップレベルの位置づけを譲らないのが、在庫管理です。少なければ欠品・販売機会損失を招く。多ければ回転率が下がり、滞留品でスペースをとり、在庫維持コストも上がる……困ったものです。
自ら受注も発注も行う荷主と、荷主の業務を受託する物流・3PL事業者とは立場が違いますが、可能な限りムダな在庫をなくすため、いかに知恵を絞り、在庫回転率を高めるかが企業力を左右することになります。しかし、日々刻々と変化する売れ行きに合わせた在庫適正化は、容易に解決できる課題ではありません。物流・流通関連企業はこの問題をどうとらえているのでしょうか?

「トレンド」から適正発注数を導く

商品の生産や仕入れにおける在庫の適正化への期待に応えるソリューション候補の1つが、NECソリューションイノベータのAI発注支援システム、ストックコントローラー「適正化在庫」でしょう。従来の需要予測システムにない特徴を持ち、「商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導き出す」発注業務支援ソリューションである点。

(この続きはホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。)

ホワイトペーパー・ダウンロード

在庫適正化は物流の永遠の課題か?

「在庫適正化は物流の永遠の課題か?」の続きは、フォームに入力をおこない、
ホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

ホワイトペーパー
概要

フォーマット PDF(A4)
ページ数 4ページ
掲載内容 コラム
  • 流通ソリューションの導入・ご相談がありましたら、
    お気軽にお問い合わせください。