小売業向けPOSソリューション・関連ソリューションAI発注支援システム
ストックコントローラー「適正化在庫」

本ソリューションは「商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから
適正発注数を導き出す」ことを目的に作られています。
AIを活用した発注支援システムで、リピート発注をかける商品の
「在庫の適正化」、「効率的な発注」、「コスト構造の改善」へ。

AI発注支援システム ストックコントローラー「適正化在庫」

本ソリューションは「商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導き出す」ことを目的に作られています。

ポイント

  • 過去実績に基づき在庫補充の適正化と効率的な発注が可能です。
  • AI活用により季節性商品を捉えて発注タイミングの精度向上を支援します。
  • 需要変動に合わせて自動的に発注勧告数を計算させることで極力メンテナンスを行わないシステム運用が可能です。

AI発注支援システム ストックコントローラー「適正化在庫」

本ソリューションは「商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導き出す」ことを目的に作られています。
AIを活用した発注支援システムで、リピート発注をかける商品の「在庫の適正化」、「効率的な発注」、「コスト構造の改善」へ。

課題解決
「店舗発注業務でこんなお悩みはありませんか?」

  • 発注の都度、棚を目視して発注数を決定しているため手間と時間がかかる。
  • 実在庫、論理在庫、週間月間販売を総合的に判断して発注数を決める必要がある。
  • 店舗規模や取扱いアイテム数が違うためノウハウの共有が難しい。

AI発注支援システム ストックコントローラー「適正化在庫」で解決!

  • 過去実績に基づき自動計算した発注推奨数をハンディに表示させることで効率的な店舗発注が可能。
  • 発注推奨数と実棚の状況確認だけで発注数を決定することが可能。


AI発注支援システム ストックコントローラー「適正化在庫」を活用した運用イメージ

導入前

実棚の確認、色々な条件を総合的に判断して発注数量を決定

導入後

スキャンした商品の発注推奨数量を確認し決定

システム構成例
「発注ハンディシステムとAI発注支援システム ストックコントローラー『適正化在庫』を連携させるときのシステム構成例」

ソリューション概要
「商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導きだすソリューションです」

  • ストックコントローラー「適正化在庫」について

    本ソリューションは「商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導き出す」ことを目的に作られています。
    ストックコントローラー「適正化在庫」は他社の需要予測システムとは異なり、商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導きだす業務支援を重視した発注業務支援ソリューションです。
    本ソリューションを導入いただくことで発注業務の業務成熟度を高めることができます。

  • 独自開発エンジン(適正発注予測)にAI機能をプラス

    AI発注支援システム・ストックコントローラー「適正化在庫」は、独自開発エンジン(適正発注予測)に、AI機能をプラスした在庫適正・発注支援システムです。
    お客さまの過去実績データに基づき、在庫日数を考慮したシミュレーションにより、在庫補充の適正化と効率的な発注がおこなえます。需要変動に合わせて自動的に発注量を算出し、極力メンテナンスをおこなわない適正在庫管理が可能です。

ストックコントローラー「適正化在庫」システムイメージと導入による発注業務時間削減ポイント

ストックコントローラー「適正化在庫」を導入して上位システム(販売管理、WMSなど)と連携することで、発注準備作業の削減や二重入力がなくなり、発注業務時間全体の削減が期待できます。

特長
「ストックコントローラー『適正化在庫』は在庫補充の適正化や効率的な発注を支援します」

ストックコントローラー「適正化在庫」は在庫補充の適正化や効率的な発注を支援。自社の業務にFitできるようにカスタマイズ可能なパッケージ導入と、標準機能のままご利用いただく月額料金のクラウドサービスで利用できる発注業務支援ソリューションです。

  • Point1

    簡単な発注業務運用+AI活用

    商品個々の出荷実績から、出荷数と出荷頻度に応じて在庫制御モデルに当てはめて毎日ランクを自動設定して発注数を制御します。
    さらにAI活用により出荷実績から季節性商品を捉えます。季節性商品の発注時期をお知らせすることで発注数の精度向上を支援します。

  • Point2

    メンテナンスフリー

    ランクに応じて発注勧告数を自動計算します。ランクは毎日の出荷実績をもとに自動で見直しされるため、人手で商品単位に安全在庫数や発注点の見直しが不要になります。

  • Point3

    在庫見える化

    過剰在庫や長期滞留在庫をトレンドグラフで見える化し、迅速な対応が可能になります。
    過去の実績情報を利用した発注シミュレーションを行なうことで適正なパラメータを確認することができます。

  • Point4

    基幹ERPとのスムーズな連携

    NECの基幹ERP(EXPLANNER/Z販売)のインターフェースを標準実装。データ連携を簡単に実現できます。

    ※EXPLANNERは日本電気株式会社の登録商標です。

  • Point5

    月額料金のクラウドサービス

    イニシャルコストを抑えてご利用いただけるよう、月額料金のクラウドサービスでのご利用が可能です。

    ※月額サービスは、標準機能でご利用いただくことが前提となります。

  • Point6

    在庫分析、シミュレーションサービス(有償)

    現状の在庫状況を可視化し、ストックコントローラーを導入した場合と比較していただき導入効果を確認していただきます。

  • Point7

    小売店舗の在庫適正化にも活用可能

    クラウド型のサービス提供により、店舗の在庫補充の適正化にもコストを抑えて活用できます。AIによる効率的な発注を支援することで、在庫切れなどの機会損失を低減します。

小売業向け関連ソリューション

EC・通販統合ソリューション「NeoSarf/DM」、コード決済ソリューション、ストックコントローラー「適正化在庫」、地図情報システム(GISAp)、会員管理・Webプロモーションソリューション(WebMD/PRO)など、小売業向け関連ソリューションをご紹介します。

小売業向けPOSシステム

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」は、店舗運用に必要な機能をワンパッケージでご提供します。
クーポン発行による値引・割引、ポイント管理、DM発行などの充実した機能を搭載。また、キャッシュレス決済、免税販売をはじめとした、各種システムとのシームレスな連携が可能です。