NECNECソリューションイノベータ

スマートワークの推進を支援

電話でのお問い合わせ

03-5534-2626(共通商材Gまで)

営業時間:8:30〜17:00

スマートワーク推進・ホワイトペーパー企業や組織にとってのデータを
長期間保管する意味とは

~データアーカイブが必要な業種・業務~
データ急増、デジタルファーストの流れの中、未来の
Society5.0にむけても価値あるデータをどれだけ蓄積
しているかが、国や企業の価値を決める時代に。

企業や組織にとってのデータを長期間保管する意味とは

~データアーカイブが必要な業種・業務~

データの激増と組織のリスク

  • データ急増、デジタルファーストの流れの中、未来のSociety5.0にむけても価値あるデータをどれだけ蓄積しているかが、国や企業の価値を決める時代になりつつあります。
  • データを取り巻く脅威から守り、正しく“保全”することが、企業・組織にとって、ますます重要になっています。
  • 活用可能な状態に整理した保存以外に、将来の活用に向け、まずはデータを保存することが重要です。

アーカイブとは?

  • 業務等で生み出された情報のうち継続的に利用できるように維持・保管されている情報のことです。最近、電子的な保管コストの漸減、検索・分類技術の進歩、将来の価値への期待などを背景に、選別も整理もせずに保存し、実際に使うときに検索・整理して利用しようというアーカイブの第三極が出現し始めました。

“社会的な責任”を果たすための『守り』のアーカイブ

  • 電子取引・電子申請等が普及し、関連法令等に合わせた長期保管が進む。
  • 上記に関連する書類や証拠データの長期保管も進む。
  • 新型コロナウイルスを機会に、各種災害対策、事業計画に対応した情報のデジタル化によるデータネジメント強化が進む。
  • サイバー攻撃の拡大を受け、特に重要なデータは、デジタルオフライン保管が、日本でも拡大。

⇒ 「規制業種」「製品寿命が長く、説明責任も長期求められる業界」を中心にデータアーカイブが加速。

DXに取り組む企業により『攻め』のアーカイブが普及

  • 美術館による美術品の3Dデータ公開。3Dプリンタで触れるレプリカ。
  • AI、IoT、ビッグデータなどの技術進化により、データ活用の可能性がますます拡大(大量の位置情報のビジュアル解析)。
  • クラウド、量子コンピュータ等のコンピューティングリソースの拡大。

⇒ 「DX」「Society5.0」背景に、企業にとってのデジタルデータはビジネスの礎に。

(この続きはホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。)

ホワイトペーパー・ダウンロード

「企業や組織にとってのデータを長期間保管する意味とは」の続きは、
フォームに入力をおこない、ホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

ホワイトペーパー
概要

ページ数 21ページ
掲載内容 データアーカイブの必要性について
ファイルサイズ 1,973KB