NECNECソリューションイノベータ

スマートワークの推進を支援

電話でのお問い合わせ

03-5534-2626(共通商材Gまで)

営業時間:8:30〜17:00

スマートワーク推進・ホワイトペーパースマートワーク導入状況に
ついてのアンケート調査結果

情報システムのユーザーや管理者を対象に、
スマートワークの導入状況、情報共有ツールの
利用状況について、調査を実施しました。

スマートワーク導入状況についてのアンケート調査結果

スマートワークの導入状況

  • 現在スマートワークを「知っている」のは、全体の35%。40%が「聞いたことがあるが、詳しくはわからない」状況を前に進めるために、社会的にスマートワークへの理解を深める活動が求められます。
  • 現在スマートワークに取り組んでいるのは、全体の24%。取組内容としては、「テレワーク」や「ペーパーレス化」が一般化しています。
  • スマートワークに取り組んでいない人たち(全体の61%)にその導入課題を聞いたところ、該当者の過半数が「運用ルールの整備」および「社内システムの整備」を挙げました。運用ルールとシステムの両輪が揃うことが、スマートワーク導入の鍵といえます。

情報共有ツールの利用状況

  • 勤務先で現在利用されている情報共有ツールNo.1は、ダントツで「ファイルサーバ」でした。一般的なファイルサーバはリモート/モバイル環境から利用しにくいため、今後はスマートワーク時代に合った情報共有ツールへのリプレースが求められそうです。
  • 情報共有ツールの利用目的トップには「社内ナレッジの共有」が挙げられ、情報共有ツールに期待する効果としても全体の約8割が「情報共有時間の効率化」を望んでいます。単にファイルを共有するだけではなく、いかに業務を効率化できるかが、ツールの評価軸となりそうです。

(この続きはホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。)

ホワイトペーパー・ダウンロード

「スマートワーク導入状況についてのアンケート調査結果」の続きは、
フォームに入力をおこない、ホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください。

ホワイトペーパー
概要

ページ数 27ページ
掲載内容 市場調査レポート
ファイルサイズ 2,895KB