NECNECソリューションイノベータ

スマートワークの推進を支援

電話でのお問い合わせ

03-5534-2626(共通商材Gまで)

営業時間:8:30〜17:00

スマートワークで「働き方改革」の実現を支援知的財産管理業務を効率化

知的財産を保護することにより、自社の競争優位性を
確保することができます。近年ますます知的財産の重要性が
高まるなかで、知的財産管理業務の効率化が求められています。
また、事業環境の変化により「技術ノウハウを秘匿化したい」、「自社開発技術と共同開発技術の線引きしたい」などのニーズも
高まっています。

知的財産管理の重要性

知的財産とは技術やアイデアをはじめ、製品開発会議議事録、設計図、製品図面、事業計画書、実験データ、仕様書、製造手順、研究開発段階のメモ書き、工程図、配合割合、などを指します。知的財産を保護することにより、自社の競争優位性を確保することができます。近年ますますこのような知的財産の重要性が高まるなかで、知的財産管理業務の効率化が求められています。
また、事業環境の変化により特許出願せずに「技術ノウハウを秘匿化したい」、「自社開発技術と共同開発技術の線引きしたい」などのニーズも高まっています。

例えばこんな時に

Case 1他社から特許侵害を指摘されたことはありませんか?

従来から使ってきた技術。突然、他社から特許侵害の警告・・・

Case 2オープンイノベーションの進展で技術情報を共有していませんか?

大学と共同研究して商品開発/取引先とPB商品の共同開発

先使用権を立証するための証拠をあらかじめ確保しておくことで、
事業を継続することができるようにしておくことが重要です。

知的財産管理と先使用権制度

研究開発や事業の多様化に伴い戦略的な知的財産管理の重要性が高まっている中、
先使用権制度(知的財産の秘匿化)が注目されています。

出典:特許庁「先使用権l〜あなたの国内事業を守る〜」

先使用権制度とは

先使用権を得るための成立要件
  • ①(特許出願の発明と関わりなく)独自に発明し、又はその発明を承継したこと
  • ②事業の実施又は事業の準備をしていること
  • ③他者の特許出願時に②を行っていたこと
  • ④日本国内で②を行っていたこと
先使用権の効力
  • ⑤実施又は準備をしている発明及び事業の目的の範囲内で
  • ⑥他者の特許権を無償で実施し、事業を継続することができる

先使用権は、特許庁に登録するものではありません。先使用権者が特許権者から特許権侵害の訴訟を受けた場合などに、裁判所が認めることによって、その特許権に対して効力を有します。

出典:特許庁「先使用権制度の活用と実践〜戦略的な知財保護のために〜」

戦略的な知的財産管理に
Web電子帳票管理 ReportFilingを活用

Web電子帳票管理 ReportFilingなら、登録時のタイムスタンプ付与、
登録資料と預入証明書の紐付け管理で先使用権の立証作業を軽減。

※INPITタイムスタンプ保管サービスは独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)のサービスです。

ReportFilingの便利機能

ストレージからの一括登録も可能

初期導入時、データストレージ上のファイルを、フォルダ構成・ファイル名をそのままに、登録することができます。

タイムスタンプ自動延長

タイムスタンプの期限切れが間近いPDFを探し、タイムスタンプの有効期間を延長。延長忘れにより、先使用権証明ができなくなる事態を防ぎます。