ページの先頭です。
ここから本文です。

AI発注支援システム
ストックコントローラー「適正化在庫」

AIを活用した発注支援システムで、リピート発注をかける商品の
「在庫の適正化」、「効率的な発注」、「コスト構造の改善」へ。

導入事例・南九州酒販株式会社 様「発注業務の簡素化と在庫圧縮・在庫回転率の向上を実現」

AI発注支援システム
ストックコントローラー「適正化在庫」・製品紹介

  • ストックコントローラー「適正化在庫」について

    本ソリューションは「商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導き出す」ことを目的に作られています。
    ストックコントローラー「適正化在庫」は他社の需要予測システムとは異なり、商品ライフサイクルと出荷実績とのトレンドから適正発注数を導きだす業務支援を重視した発注業務支援ソリューションです。
    本ソリューションを導入いただくことで発注業務の業務成熟度を高めることができます。

  • 独自開発エンジン(適正発注予測)にAI機能をプラス

    AI発注支援システム・ストックコントローラー「適正化在庫」は、独自開発エンジン(適正発注予測)に、AI機能をプラスした在庫適正・発注支援システムです。
    お客さまの過去実績データに基づき、在庫日数を考慮したシミュレーションにより、在庫補充の適正化と効率的な発注がおこなえます。需要変動に合わせて自動的に発注量を算出し、極力メンテナンスをおこなわない適正在庫管理が可能です。

ストックコントローラー「適正化在庫」システムイメージと導入による発注業務時間削減ポイント

ストックコントローラー「適正化在庫」を導入して上位システム(販売管理、WMSなど)と連携することで、発注準備作業の削減や二重入力がなくなり、発注業務時間全体の削減が期待できます。

  • ストックコントローラー「適正化在庫」 導入事例
    南九州酒販株式会社 様

    適正化在庫ソリューションの導入で、酒類と清涼飲料水の発注業務の
    簡素化と在庫圧縮・在庫回転率の向上を実現。

ニュース

  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    お問い合わせ

    本製品の導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    資料ダウンロード

    本製品の関連資料をダウンロードいただけます。

  • 2019年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。

AI発注支援システム
ストックコントローラー「適正化在庫」・製品特長

ストックコントローラー「適正化在庫」は在庫補充の適正化や効率的な発注を支援。
自社の業務にFitできるようにカスタマイズ可能なパッケージ導入と、標準機能のままご利用いただく
月額料金のクラウドサービスで利用できる発注業務支援ソリューションです。

  • Point1

    簡単な発注業務運用+AI活用

    商品個々の出荷実績から、出荷数と出荷頻度に応じて在庫制御モデルに当てはめて毎日ランクを自動設定して発注数を制御します。
    さらにAI活用により出荷実績から季節性商品を捉えます。季節性商品の発注時期をお知らせすることで発注数の精度向上を支援します。

  • Point2

    メンテナンスフリー

    ランクに応じて発注勧告数を自動計算します。ランクは毎日の出荷実績をもとに自動で見直しされるため、人手で商品単位に安全在庫数や発注点の見直しが不要になります。

  • Point3

    在庫見える化

    過剰在庫や長期滞留在庫をトレンドグラフで見える化し、迅速な対応が可能になります。
    過去の実績情報を利用した発注シミュレーションを行なうことで適正なパラメータを確認することができます。

  • Point4

    基幹ERPとのスムーズな連携

    NECの基幹ERP(EXPLANNER/Z販売)のインターフェースを標準実装。データ連携を簡単に実現できます。

    ※EXPLANNERは日本電気株式会社の登録商標です。

  • Point5

    月額料金のクラウドサービス

    イニシャルコストを抑えてご利用いただけるよう、月額料金のクラウドサービスでのご利用が可能です。

    ※月額サービスは、標準機能でご利用いただくことが前提となります。

  • Point6

    有償コンサルティングサービス

    導入前の分析コンサルティングサービスをご用意しています。

    • 在庫分析サービス
    • 在庫分析+シミュレーションサービス
  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    お問い合わせ

    本製品の導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    資料ダウンロード

    本製品の関連資料をダウンロードいただけます。

  • 2019年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。

AI発注支援システム
ストックコントローラー「適正化在庫」・機能紹介

「出荷ランク別管理」、「メンテナンス簡易化」、「季節性AI」、「トレンドグラフ」、「発注シミュレーション(分析機能)」などの機能を搭載し、在庫補充の適正化と効率的な発注を支援します。

出荷ランク別管理

  • 商品個々の毎日の出荷実績から「ABC分析」を行ない動的にランクを設定します。
  • 出荷数と出荷頻度に応じて在庫制御モデルに当てはめてランクに応じた発注数を制御します。
  • ランク別管理

    • 商品の出荷実績をもとに24ランクに分けて管理。
    • 商品毎の毎日の出荷実績から動的にランクを再設定します。ランクに応じた在庫保有日数で発注数計算を行います。
  • レベル別管理

    • 発注勧告を5段階に分けて管理。リードタイム内に発注点を切る可能性がある商品は発注勧告を行います。(レベル2以下)
    • 仕入条件がある場合の発注候補はレベル3から提示します。
Point
出荷量又は在庫回転率を計算し、毎日ランクを再設定することで発注量を制御します。

メンテナンス簡易化

  • ランク毎にパラメータを設定しているためメンテナンスを極力行なうことなく利用できる仕組みとなっています。
  • 新商品やコード改廃の発注にも対応可能な「支援機能」も提供しています。

メンテナンスフリー

  • 発注数計算に必要なパラメータは、ランク別に管理されています。(24ランク)
  • 商品毎の毎日の出荷実績から動的にランク設定されるため出荷状況に応じた適正な発注勧告数を導き出します。
  • ランク毎のメンテナンスは毎日動的にランクの再設定が行なわれるため、ほとんど必要はありません。
  • 低回転、低出荷の商品でも、商品個別設定により「定点・定量発注」の対応が可能です。
Point
ランクが切り替わると使用するパラメータを自動で切り替えます。

季節性AI

  • 同じ時期に類似した傾向で出荷されている商品をAIを活用してグループ化します。(季節性AI)
  • 季節ごとの出荷変動を可視化することで、発注量の増減時期をお知らせします。
Point
季節ごとの出荷変動を事前に捉えることで、発注漏れや発注ミスを削減することができます。

トレンドグラフ

  • 商品毎の出荷数推移や在庫数推移をグラフ表示します。(描画範囲は6ヶ月)
  • 1シートで表示されているため在庫状況や出荷数トレンドを直感的に把握できます。
  • 在庫を可視化することで、過剰在庫や長期滞留在庫等への対応にご利用できます。
  • トレンドグラフは「実績のみ」、「シミュレーションとの対比」のどちらでも出力可能です。
Point
トレンドグラフを確認することで、日々のオペレーションを振り返ることができます。

発注シミュレーション(分析機能)

  • 過去の在庫や出荷実績をもとに、ランク別シミュレーションを行ない、適正な設定になっているか確認することができます。
  • シミュレーション機能は本番の設定に影響することなく実行できるため、稼動後もパラメータの検証や見直しができます。

※別途「有償コンサルティングサービス」のメニューもございます。

シミュレーション機能で適正パラメータの確認

  • さまざまな変動要因による影響で発注勧告数と実発注数に乖離が生じたときには、パラメータを見直します。
  • シミュレーション機能を使用して、見直したパラメータで適正化な結果が得られるか事前に確認できます。
  • 現行と見直し後のパラメータ結果が勝ち負け表として表示されるため簡単に結果を比較できます。
Point
シミュレーション機能で適正なパラメータの維持が可能です。

有償コンサルティングサービス

導入前のサービスとして

在庫分析サービス(有償)

お客様の現状の在庫の状況を可視化するサービスです。

  • なんとなく過剰な気がする。
  • しかし、商品が過剰か分からない。
  • 売れていない商品がどれだけあるのか把握していない。

上記のような商品群を含め、ABC分析により、商品の出荷状況、在庫状況を可視化して、課題に気づいていただきます。

在庫分析+シミュレーションサービス(有償)

ストックコントローラーの機能を利用して人手を介さずに自動発注をすると在庫(過剰や欠品)の変化を確認できるサービスです。
下記のような効果が期待できます。

  • ストックコントローラーの導入前に、導入後の効果を計る
    (経営者へのROIの提示用など)
  • 導入後に、うまくいかないなどのリスクを回避。

導入後のサービスとして

運用支援サービス(有償)

導入後の運用オペレーションに対する支援。

適正化在庫パラメータ診断サービス(有償)

導入後、パラメータの見直しを考える際の、診断サービスです。

  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    お問い合わせ

    本製品の導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    資料ダウンロード

    本製品の関連資料をダウンロードいただけます。

  • 2019年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。

AI発注支援システム
ストックコントローラー「適正化在庫」・導入効果

期待できる導入効果

本ソリューションの導入により、発注担当者の発注業務成熟度を引き上げることができます。発注業務の業務成熟度が、レベル5の「適正化発注」になった場合、過剰在庫の削減や発注業務時間の削減など優れた効果が得られます。

Point
過剰在庫の削減や発注業務時間の削減を期待できます。

発注業務のプロセスで業務時間の削減が期待できます

発注業務時間の大半を占めている発注数量の決定を自動化することで、発注業務時間全体の削減が期待できます。

導入効果事例

A社 レベル2(ベテラン発注)→レベル5(適正化発注)

  • 発注作業(作業時間は実績、金額は想定値です)

*平均単金:2千円(社員3,000円、パートタイマー1,000円の平均値を想定)

Point
欠品による機会損失の減少、規格違いなどの誤発注が無い状態を維持。

B社 レベル3(教科書発注)→レベル5(適正化発注)

  • 発注作業(作業時間は実績、金額は想定値です)

*平均単金:2千円(社員3,000円、パートタイマー1,000円の平均値を想定)

Point
経験に頼った安全在庫設定がなくなり、過剰在庫の減少、長期在庫の廃棄、安売りが少なくなりました。
  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    お問い合わせ

    本製品の導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    資料ダウンロード

    本製品の関連資料をダウンロードいただけます。

  • 2019年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。