ページの先頭です。
ここから本文です。

AI発注支援システム ストックコントローラー「適正化在庫」
導入効果

発注担当者の発注業務成熟度を引き上げることで、
過剰在庫の削減や発注業務時間の削減効果が期待できます。

AI発注支援システム
ストックコントローラー「適正化在庫」・導入効果

期待できる導入効果

本ソリューションの導入により、発注担当者の発注業務成熟度を引き上げることができます。発注業務の業務成熟度が、レベル5の「適正化発注」になった場合、過剰在庫の削減や発注業務時間の削減など優れた効果が得られます。

Point
過剰在庫の削減や発注業務時間の削減を期待できます。

発注業務のプロセスで業務時間の削減が期待できます

発注業務時間の大半を占めている発注数量の決定を自動化することで、発注業務時間全体の削減が期待できます。

導入効果事例

A社 レベル2(ベテラン発注)→レベル5(適正化発注)

  • 発注作業(作業時間は実績、金額は想定値です)

*平均単金:2千円(社員3,000円、パートタイマー1,000円の平均値を想定)

Point
欠品による機会損失の減少、規格違いなどの誤発注が無い状態を維持。

B社 レベル3(教科書発注)→レベル5(適正化発注)

  • 発注作業(作業時間は実績、金額は想定値です)

*平均単金:2千円(社員3,000円、パートタイマー1,000円の平均値を想定)

Point
経験に頼った安全在庫設定がなくなり、過剰在庫の減少、長期在庫の廃棄、安売りが少なくなりました。
  • ストックコントローラー「適正化在庫」
    お問い合わせ

    本製品の導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 卸・物流ソリューション
    資料ダウンロード

    卸・物流ソリューションの関連資料を
    ダウンロードいただけます

  • 在庫適正化に関する市場調査結果2019

    在庫適正化に関するニーズ調査や在庫適正化システムの導入状況や
    評価等に関するリサーチ結果をダウンロードできます。