サイト内の現在位置

睡眠日誌

不眠のための認知行動療法(CBT-I)による医学的な根拠に基づいて睡眠をサポート。

お問い合わせ

よい睡眠習慣に正解はありません あなたにあった習慣をみつけましょう!

「睡眠日誌」は、睡眠の専門家の指導、協力のもと開発されました。不眠のための認知行動療法(CBT-I)による医学的な根拠に基づいた3つのサポートで、あなたにとってよりよい睡眠習慣探しをお手伝いします。

3つのサポート

記録
睡眠状況を可視化

学習
睡眠に関する正しい知識を習得

チェック
簡単な質問で「フミン指数」を確認

不眠のための認知行動療法(CBT-I)とは?
認知行動療法とは、気づきにより認知を変えて気分を改善する認知療法と、日々の活動を規則正しくし行動を変え習慣を改善する行動療法を合わせたカウンセリング手法のことです。 認知行動療法は、うつや不安に対して多く活用されていますが、一部の不眠症でも改善効果が認められています。

睡眠日誌が簡単に記録できる

対面のカウンセリングでは、睡眠時刻を専用の用紙に記録していきます。 『睡眠日誌』を利用すれば、スマートフォンから時間や場所を選ばず、簡単に記録することができます。

睡眠日誌アプリ

睡眠日誌のアプリは下記からダウンロードすることができます。ぜひお試しください。

  • 本アプリは、東京家政大学・岡島義先生とNECソリューションイノベータ株式会社との共同研究により開発されました。