サイト内の現在位置

学会・研究成果発表

組織内の感謝が多いと従業員エンゲージメントは向上するか?

組織内の感謝が多いと従業員エンゲージメントは向上するか?

DATE:2019.04.05
研究テーマ:エンゲージメント

こんにちは、NECソリューションイノベータのPham(ファン)と申します。
現在、イノベーションラボラトリという研究所にて職場とモチベーションの関係についての研究を行っています。

大学時代のアルバイトをした時に日本人は何をモチベーションに感じ、働いているかに疑問を持ち、そこから”人間理解”に興味を持っていました。入社後は素敵な縁に恵まれ、自身の好奇心をくすぐっているピープルアナリティクスを扱う部署に配属されました。

研究紹介ということで、情報処理学会全国大会で発表した「感謝と従業員エンゲージメントの関係」について紹介したいと思います。

全国大会で発表中の様子

この研究は、日本の生産性が他の先進国と比較して低いという課題から出発しました。生産性を向上させる候補として従業員エンゲージメント(仕事に対するやりがい)があり、また事前調査からこれは感謝と密接的に関与している可能性がわかりました。そこで、実験を通じて感謝と従業員エンゲージメントの関係について調査を行いました。

従業員エンゲージメント調査票の調査項目

実験では試験的に開発した感謝アプリエンゲージメント調査票の2つを用い、感謝と従業員エンゲージメントの相関を調べました。感謝アプリは組織内の感謝という人間感情を処理可能なデジタル情報として保持するという目的で、エンゲージメント調査票は組織の状態を測定するという目的で利用しました。

有意な相関が得られた3つの部門

感謝は組織の人間関係を促進する?

実験をあるIT会社内の5つの部門で行った所、3つの部門において感謝と従業員エンゲージメントに相関が見られました。特に、感謝の受け取りはエンゲージメントの「チームワーク」「上司への信頼」「同僚への信頼」など人間関係の因子と正の相関が見られました。これは、感謝を受け取ると他人に対しポジティブになったことで人間関係が良好になったのではないかと考えられます。

私達の事前調査では、日本人は感謝をしたいと思っていたとしても、様々な理由(例えば: 恥ずかしいなどの感情)がそれを阻害し、実際に感謝まで至るのは4割の人だけという結果が得られました。私のような感情はすぐにその場で伝えることが普通の人間にとって、それは意外なデータでした。今回の実験を通じて、デジタルで感謝を送る事の可能性を垣間見ることができました。対面では恥ずかしい人も、もしかしたら感謝アプリを利用することで感謝を伝えやすくなり、人間関係にいい結果をもたらすことができるかもしれませんね。

国によって感謝感情は異なる?

2015年に new window感謝研究に関する論文が米国で発表され、議論を引き起こしました。論文では、日本人が感謝を感じた際に、ポジティブな感情だけでなく感謝と罪悪感が混ざった日本人特有の「すまない感情」も同時に生起されるという内容でした。「すまない感情」を感謝に含まないアメリカ人にとって、この研究結果は意外であると同時に感謝の性質は国によって異なるということも示唆されました。世界がフラット化した結果、国境を超えて多種多様な人たちが一緒に働くダイバーシティが高い社会が到来しつつあります。そこでは、今まで以上に多くの感情が絡まり合い、複雑な組織を形成します。組織を前進させるために他者を理解しなければならない機会が増えるでしょう。
今後は感謝と従業員エンゲージメントにおいて、国家・人種間の違いについても研究し、面白い成果をみなさんに報告できたらと思います。それまで、しばしお別れです。

ファン タァンクァン

Hi, I am Pham from NEC Solution Innovators, Ltd. Currently, I am conducting research on the relationship between work and motivation at a laboratory.

When I was worked as part-time worker, I had doubts about what Japanese felt motivational at workplace, and from that I was interested in "human understanding". After joining the company, I was so lucky that I was assigned to the department that handles people analytics.

 

Today, I would like to introduce the relationship between Gratitude and Employee Engagement what presented at IPJS2019.

This research started with the issue that Japan's productivity was low compared to other Developed countries. Employee Engagement was a candidate for productivity improvement. And our preceding survey showed that it could be closely related to Gratitude. Therefore, we investigated the relationship between Gratitude and Employee Engagement through experiments.

In the experiment, we used an ThanksApp(prototype application) and an Questionnaire. We used that two to examine the relationship between Gratitude and Employee Engagement. ThanksApp was used to measure the state of the organization’s gratitude as digital information.

Gratitude can promote human relationship.

As a result in five divisions at certain company, Gratitude and Employee Engagement were correlated in three divisions. In particular, the receipt of gratitude was positively correlated with human relationship factors such as “Teamwork”, “trust to Boss” and “trust to Colleagues”. This is considered to be the fact that human’s relationship have become better as a result of being grateful to others upon receiving gratitude.
From our preliminary survey, Even 40% of Japanese people can’t appreciate because of various reasons(ex, embarrassed, can't be bothered...). It was surprising data for an ordinary human being to convey emotions immediately on site, like me. Through this experiment, I was able to see possibility of sending emotion as digital data. People who are embarrassed may find it easier to send gratitude using the ThanksApp. And then, they can create more good relationship with colleagues.
Is Gratitude differ by countries?

Is Gratitude differ by countries?

In 2015, a dissertation refer to Gratitude research was published in the United States. And it caused a debate.
The dissertation had said that when Japanese people felt gratitude, not only positive emotions but also “sumanai” specific to Japanese people, such as the feeling include gratitude and indebtedness, are triggered at the same time. For Americans whose don’t include “sumanai” in gratitude was surprised at the study result. Simultaneously, it suggested about Country difference of gratitude. As a result of the world becoming flat, a society with high diversity, in which diverse people work together across borders, is coming. And it’ll be more emotions in the organization. There will be expanded opportunities to understand others.
In the future, I would like to study the differences between nations and races in Gratitude and Employee Engagement, and to report interesting results to you. Until then, it's goodbye for a while.

Quang Pham Thanh

担当者紹介

研究テーマ:エンゲージメント
担当者:ファン タァンクァン
コメント:心理学の観点から組織論について研究を行っております。熱帯(ベトナム・ハノイ)出身で実家のパイナップル園と共に太陽に育てられたため、性格は明るい方です。趣味はテニス、読書とサーフィンです。
連絡先:NECソリューションイノベータ株式会社 イノベーションラボラトリ ai-oxd@nes.jp.nec.com

Research theme: Engagement
Name: Quang Thanh Pham
Comment: I’m researching Organization Theory from the perspective of psychology. My personality is bright because it is from the tropics (Hanoi, Vietnam), and was raised by the sun along with the pineapple. How to spend a day off is playing tennis, reading and surfing.