サイト内の現在位置

NEC 機械の稼働状況
見える化サービス

建機や重機など大型機械の稼働情報をセンサで
取得し、稼働状況をデータ化します。
機械の稼働状況を一元管理できます。

お問い合わせ

資料ダウンロード

クレーンやブルドーザなどの大型機械(以下「機械」といいます。)などにセンサを装着して稼働情報と位置情報を取得、Sigfox回線を活用してクラウド上に取得した情報を収集・蓄積し、データ化します。
そのデータを活用し、地図上に稼働状況表示した画面で状態をリモートから監視できます。また稼働率や稼働時間などの稼働実績を一元的に管理もできるサービスです。

システムイメージ

機械などにセンサを装着して稼働情報と位置情報を取得、Sigfox回線を活用してクラウド上に取得した情報を収集・蓄積します。
そのデータを管理PCで見える化やデータ集計などに活用するシステムです。

システムイメージ

特長

バッテリ駆動のセンサ
デバイスを設置するだけ

1つのセンサデバイスで機械などの稼働情報と位置情報が取得可能
屋外の作業現場で稼働する大型機械に適したセンサを採用(防水・防塵 他)

加速度から
稼働情報を自動取得

機械などの稼働情報をセンサデータとして取得
正確な稼働情報をデータで取得することで、紙による稼働報告を廃止し、作業者の負担を軽減

GPSから
位置情報を自動取得

位置情報と稼働情報を使って地図上に機械の状況を色分して表示
どの機械がどの現場で稼働しているかを一目で把握

加速度情報から
稼働情報を自動計算

収集した情報を元に自動集計し、稼働状況を見える化
各機械の稼働時間や稼働率稼などの稼働状況を一覧で確認

リモート監視を実現
 

各機械からのデータ情報をクラウドに収集することでリモート監視を実現

一元管理を実現
 

機械の稼働時間、稼働率を日次、月次で集計、また現場別の集計など必要に応じた集計ができる管理機能により一元管理を実現

利用画面のイメージ

機械の稼働状態を地図上に表示します。
各現場で稼働している機械の状態を色分けして表示し、
一目で稼働しているか否かを見分けられます。

稼働情報表示画面

稼働情報表示画面

収集した情報を機械別に管理します。
個々の機械の稼働時間、稼働場所を日次、月次で表示できます。
また個別の機械を検索しダウンロードできます。

機械の情報管理

機械の情報管理

利用シーン(こんなお客様に)

建機・重機(又は車両)などの機械を自社でお持ちのお客様

稼働情報に基づき、社内各所で発生する損料を正確に算出できます。
稼働情報に基づき、部品交換などの保守点検やメンテナンスの時期を計画し、効率的に管理できます。
位置情報から機械の適正配置を行い、稼働率の向上に役立てられます。また、盗難時の追跡等も可能です。

建機・重機(又は車両)などの機械を自社でお持ちのお客様

建機・重機(又は車両)などの機械をレンタル(貸し出し)しているお客様

貸出の機械の位置情報と稼働情報を収集します。
機械(車両)ごとの稼働状況を把握できるため、レンタル機種(車種)の適正台数の算出などに活用できます。
また 返却が遅れた場合や盗難が懸念される場合にレンタル品の追跡ができます。

建機・重機(又は車両)などの機械をレンタルしているお客様

建機・重機(又は車両)などの機械を製造販売しているお客様

製造している機械にセンサを取り付けた状態で出荷することで、販売先での機械の稼働情報と位置情報を収集できます。
販売先の使用状態を把握することで、保守点検のタイミングなどを把握しカスタマーサポートの向上が期待できます。
また、利用状況を把握することで、今後の生産計画や、次期開発計画等にも役立てることが可能になります。

建機・重機(又は車両)などの機械を製造販売しているお客様

導入事例

鹿島道路株式会社様

建設機械(以下「建機」といいます。)にセンサを取り付け稼働情報を自動収集し、各建機の稼働時間を把握し建機の現場投入計画を効率化

課題

お客様は、日本全国に配置されている建機の稼働現場や稼働時間について、全国の各支店からの報告書を基に集計を行っていたため、タイムリーで正確な稼働状況を収集することが課題となっており、日々の稼働状況を把握するシステムの導入が求められていました。

機械の稼働状況見える化サービス 導入のイメージ

機械の稼働状況見える化サービス 導入のイメージ

導入効果

 経営管理支援

  • 建機の稼働状況を自動収集し一元管理を実現
  • 稼働時間に応じた整備情報の取得
  • 稼働状況から稼働に伴う損料の算出が可能になり、工事代金への反映に活用
  • 建機の稼働状況を把握で、遊休建機を適正に配置するなど、稼働率の向上に貢献

 付加価値

  • 全国の建機配置を把握することで、大規模災害発生時には、被災地で迅速な復旧対応の実施が可能。
  • 建機の位置情報を自動収集/一元管理することで、盗難に遭遇した場合、いち早く状況を把握し、所在の特定が可能

動作環境

項目 内容
センサ 機械に取り付けるセンサ、加速度情報、GPS情報を取得
推奨:IET10MO(製品名:ieThings)
通信回線 Sigfox通信を活用して、現在の位置情報や加速度情報をクラウドへ送信
Sigfox通信回線
管理PC 機械の位置情報や状態情報を確認用PC
インタネットに接続された端末
Webブラウザ(推奨:Google Chrome ウェブブラウザ)
  • Sigfox回線通信について
    Sigfoxサービスエリア外ではデータを送信できません。通信可能エリアについてはSigfox通信提供会社のサイトで確認願います。
    new windowhttps://www.kccs-iot.jp/area/

ニュース

お問い合わせ・ダウンロード