サイト内の現在位置

特許出願済みの技術を採用しています

NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援



お問い合わせ

資料ダウンロード

「目を持ったAI」が作業現場の品質や進捗状況をリアルタイムに解析

AI<ディープラーニング>が作業現場で撮影した動画をリアルタイムに分析し見える化を実現します。これにより現場の課題を早期に把握し、迅速且つ的確な対応を行う事が可能となります。また、システム構成が容易なため低価格でスピーディーにサービス利用を開始できます。

また、昨今、新型コロナウイルスの感染防止に向け、業務プロセスの効率化や働き方・業務体制の変革が求められています。本サービスは、クラウドを活用することにより、テレワークによる在宅勤務であっても、生産現場の状況をリアルタイムに把握する事が可能であり、New Normal(新しい日常)への対応を実現しています。

「生産ラインを手軽に可視化!現場を支えるAIソリューション」(3:00)

特長

既存設備に影響少なく導入可

市販品のネットワークカメラとPCを利用した安価なハードウェア構成で利用開始できます。

検査対象をリアルタイムに判定

製造ライン上を流れる製品や部品などをAIによってリアルタイムに自動判定を行います。

現場の最新状況を見える化

AIによる判定結果を解析したデータの見える化を実現し、現場の最新状況が把握できます。

良品画像のみの学習で不良品の検出が可能

異物や不良品の少ない対象物において、良品画像のみを学習し、良品/不良品(2級品)の検出を行います。
  • 本製品は特許出願技術を採用しています。
  • 実際の判定の精度は、対象物の状態(大きさ、色合い等)や撮影条件、学習データ等に左右される可能性があり、判定の精度および本サービス利用の結果について保証をするものではありません。

ユースケース

「不良品の発生状況を把握し、不良品を減らしたい」「品質基準のバラつきをなくし標準化を図りたい」「熟練作業者のノウハウを継承し、作業の属人化を解消したい」 本サービスは、こうした作業現場のさまざまな声に応え、お客様のビジネスを支援します。

ホワイトペーパー

工場の品質向上と生産性アップは、AIがカギ?
初めてのAI活用マニュアル

製造業の起こりがちな課題と、解決のためにすべきこと、そしてその効果とは?
~AIの導入方法から活用メリット、導入後の運用方法まで分かりやすく解説します~

工場の品質向上と生産性アップは、AIがカギ?初めてのAI活用マニュアル

導入事例

導入事例インタビュー
AIの目で、不良品を見逃さない工場へ
~現場の見える化が、ライン改善につながった理由~

AIの目で、不良品を見逃さない工場へ

製品概要・特長

当社の得意領域であるIoTやAI技術を活用し、製造ラインの製品のカウント・良品/不良品(2級品)判定・見える化をサービス型で提供します。

主な機能

製造ライン上を流れる対象物に対して、AI技術を活用し画像分析を行うことで、カウント(個数/推定重量)や、良品/不良品(2級品)等の発生率等の見える化を実現します。

ユースケース

様々な業種や業務における利用例を紹介します。

システム構成

システム構成例をご紹介します。

動作環境

動作環境やスペックをご紹介します。

オプション機能

本サービスの連携オプションを紹介します。

ニュース

  • 本製品は特許出願済みの技術を採用しています。

お問い合わせ・ダウンロード