サイト内の現在位置

マーケティング分析

Tableau(タブロー)・利用例(各種分析)

Tableauはマーケティング担当者の方がデータを見て理解できるように支援します。お客様が使用しているテクノロジープラットフォームに接続し、データを結合し、直感的なマーケティング分析を行い、そして重要な情報はリアルタイムでレポートを作成し、共有することができます。

優れたインサイトと価値を提供するマーケティングダッシュボード

近年はマーケティングのさまざまなシーンで、ブランドの認知とリードの獲得のために、データドリブンな意思決定を行うことに重点が置かれています。Excelや旧来のソリューションに依存している企業のマーケティング担当者は、高度な分析環境からマーケティングの価値を引き出すために、適切なリソースを持たない状況で、顧客データを最適化して個別化した意味のあるカスタマーエクスペリエンスを生み出すという課題に直面しています。

チャネルが多数ある現在、マーケティング成果の全体像を取得するのは困難であり、時間もかかります。こうした状況の中で、マーケティングダッシュボードは重要なアセットであり欠かせないものといえます。マーケティングダッシュボードでは、顧客およびマーケティング成果の全体像が提供されるため、分析スキルを持たないスタッフも含む組織全体でデータが利用可能になると同時に、実用的なインサイトが得られます。

ソーシャル分析、Web分析、顧客データ、あるいはそのすべてが混在していても、Tableauはお客様ならではの課題に対応できる柔軟性と、深い分析を求めるマーケティング担当者の方の質問にも答えを出せる機能を備えています。Tableauを活用すると、マーケティング担当者の方はより質の高い意思決定を行うことができます。

マーケティング用 Dashboard Starters

Dashboard Startersは、アクショナブルなデータを数分のうちに使い始められるようデザインされています。Salesforce、Marketo、Eloquaなどと接続して、美しくデータの豊富なダッシュボードを作成してください。

※Tableau.comから引用

データソースを統合し、インサイトを行動につなげる

データとソースは増加の一途をたどっており、インサイトを行動につなげるにはデータをブレンドしてダッシュボードに表示することが欠かせません。またデータをまとめると、同一の指標にもとづくコミュニケーションがとれるようになり、新たな成果が生まれるという、大きなメリットもあります。

データブレンディングとは、複数のソースのデータを1つのビューに組み合わせる機能です。関連するデータがさまざまなソースに分散しているときにまとめて分析したい場合は、この手法を用います。データブレンドとダッシュボードを利用することにより、マーケティング担当者は関連するデータを組み合わせ、指標(サイトトラフィック、地理情報、広告チャネル、クリック単価)ごとに分析結果のセグメンテーションを行うことができます。さらに、非効率の原因になりチームの成功を妨げる、データのサイロ化を解消するという大きなメリットもあります。

※Tableau.comから引用

お問い合わせ・ダウンロード