サイト内の現在位置

特許出願済み

NEC 営農指導支援システム

農業ICTソリューション


お問い合わせ

資料ダウンロード

「NEC 営農指導支援システム」のコンセプト

最良状態とのギャップ対策が、高品質な農産物を生産する第一歩!生育目標との差を見える化し、生産者と指導員の営農活動が効率的に行われるよう、ソリューションを実現しています。

持続的で強い日本の農業を実現するためには、大規模化、集約化、低コスト化だけでなく、地域の強みや特色を踏まえ、地域性を考慮した農産物の多様性を維持することも重要です。NEC 営農指導支援システムでは、産地・農産物に特有な生育目標と実際の状態との差異を見える化し、栽培の対策や収穫の見込みにつなげることにより、産地全体での出荷目標に向けた様々な取り組みを支援し、地域の活性化と市場競争力づくりに貢献します。

「説明可能なAI」で生育や収穫の予測モデルを見える化

産地で蓄積した環境・気象・生育・出荷などの実績データを独自の「説明可能なAI」でデータ分析し、生育や収穫量に影響するさまざまな条件や要因を予測モデルとして見える化することができます。
産地特有のデータ分析実証での活用や、予測モデルに基づいた生育・収穫予測システムを独自に構築することも可能です。

  • 説明可能なAI (Explainable AI:XAI)とは、予測結果や推定結果に至るプロセスが人間によって説明可能になっているAI技術や機械学習のモデルを指します。

農業データ連携基盤(データプラットフォーム)対応

農業データ連携基盤とのデータ連携により、1kmメッシュ推定気象情報、農地筆ポリゴンデータ、FAMIC農薬登録情報が活用できます。

指導・営農記録を「NEC GAP認証支援サービス」に連携可能

圃場情報、指導記録、作業記録、施肥・薬剤散布記録、環境・生育情報を指定した条件で抽出し「NEC GAP認証支援サービス」に帳票として格納できます。

  • 予測モデル実証・構築支援、独自の生育・収穫予測システムの構築等は別途有償対応となります。
  • 「農業データ連携基盤」は、内閣府・戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産業創造技術」において、農業の担い手がデータを使って生産性向上や経営改善に挑戦できる環境の創生を目指し、慶應義塾大学SFC研究所により構築されたデータ連携・提供機能を持つデータプラットフォーム。通称はWAGRI。2019年4月から運営事務局を農研機構農業情報研究センターに設置しサービスの本格運用を開始。
  • FAMICは「独立行政法人 農林水産消費安全技術センター」の略称です。
  • 本製品は特許出願技術を採用しています。
  • 農林水産省の補助事業「農業ICT標準化推進事業」(平成28年度~平成30年度)において、本システムを用いて「農業ICT標準化に関する個別ガイドライン」の実証検証を行いました。

概要 

NEC営農指導支援の概要についてご紹介します

主な特長やメリット 

主な特長やメリットを8つに分けてご案内します。

機能一覧 

管理機能や診断機能など、機能についてご紹介します。

価格 

システム価格を専用クラウド環境、共有クラウド環境に分けてご案内します。

お問い合わせ・ダウンロード