サイト内の現在位置

Logstorage

サイバー攻撃や内部脅威から組織と
クラウドを守る「統合ログ管理システム」

お問い合わせ

統合ログ管理システム「Logstorage」
サイバー攻撃や内部脅威から組織とクラウドを守る

内部からの情報漏えい、サイバー攻撃へ対処・対応をおこなう際、機器の「ログ」を調査することが迅速な解決を導きます。
しかし、必要なログが保管されていなかったり、保管されているログが拠点ごとにバラバラであるなど、いざという時に迅速にログを活用することは難しいと言われています。
Logstorageは、これらの問題を解決し、サイバー攻撃や内部脅威から組織とクラウドを守る「統合ログ管理システム」です。クライアントPCやサーバなどの機器だけでなく、クラウドサービス利用時の膨大なログの収集と保管を適切におこない、一元管理します。調査に必要となるログの検索、集計作業、レポーティングをシンプルなインターフェースで実現します。

企業が抱えている課題

以前、ログは取得や保管が必ずしも必要なものではありませんでした。しかし近年情報漏えい等事件が発生した時には保管したログを使った迅速な解析が求められます。ログの収集においても利用するサービスがオンプレミスからクラウドへと移行傾向にあり、収集がより困難になっています。

万が一情報漏えいがあった場合、今保管しているログで早期に原因特定ができるか不安
課題解決のため、ログを活用できていない/何か問題があっても気付くことができていないのではないか
システムのクラウド拡張が進むに従い、見えないデータの動きや操作に不安を感じている。上層部に指摘されている

Logstorageが解決します

早期に脅威の原因を追跡

大量のログを高速検索、複数のログの横断追跡、高度な絞りこみも短時間でおこなえます

異常な兆候をリアルタイムに通知

異なる種類のログが出現したタイミングなど、予め定義したシナリオに合致した動きがあれば管理者へ通知します

クラウドを含めたデータフローを可視化

クライアントPCやサーバだけでなく、クラウドからもログ収取が行えるため、今まで見えなかったデータの流れも可視化できます

Logstorage は、日本国内で利用されているソフトウェア・機器・クラウドを中心に250種以上のログ収集実績があり、
国内導入企業2,200社以上。統合ログ管理ツールの分野で、「シェアNO.1」です。

  • 富士キメラ総研
    「2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧上巻(統合ログ管理ツール(SIM)」において、シェアNo.1。2017年度実績(金額)

クラウドのログも収集可能

クラウドは高い利便性と引き換えに、社内システムを経由せず、直接アクセスが可能なことから、下記のような不安が残ります

  • Logstorageオプション機能「クラウド向けログ収集モジュール(※1)」を活用してSaaSのログを可視化!!
  • 検索・集計・レポート条件テンプレートが用意されているので、ログ分析が容易に可能。
  • ログの長期保管、圧縮保管、暗号化、改ざん検出機能にも対応。
(※1)クラウド向けログ収集モジュール 有償機能
Office 365 詳細オプション Exchangeメッセージ追跡により、いつ、誰が、誰宛にメールを送信したのか、メールの配送状況(詳細)を分析するオプション製品です。Message Trace, Message Trace Detailに対応しています。

ニュース

2019年3月22日
Logstorageの製品ページを公開しました。

お問い合わせ