サイト内の現在位置

Netskope(ネットスコープ)

CASB(Cloud Access Security Broker)
クラウドサービスの可視化・アクセス制御・保護を実現

お問い合わせ

資料ダウンロード

マルチクラウド時代のクラウドサービス利用を安全に
SaaS,IaaSおよびWebの間で
リアルタイムに可視化・アクセス制御・保護します

企業におけるクラウド利用をセキュアに。対応クラウドサービス28,000以上。きめ細かいポリシーによるリアルタイム可視化、アクセス制御、保護(異常検知、マルウエア対策)、および詳細なレピュテーション情報(SaaSの評価指標)を提供し、企業のクラウド活用を強力にサポートします。

Netskope(ネットスコープ)とは

Netskopeは米国でトップクラスの導入実績を誇る、企業のITサービス利用おける可視化・アクセス制御・保護により、クラウドサービスを「セキュア」に利用するクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)です。

詳細を見る

Boxへの適用パターン

Netskopeは、Boxで起こり得るユーザーの危険な操作を理解し、機密データの保護、情報の暗号化、動作制御、マルウェアの検知とブロックなどでセキュリティを強化し、より安心なBoxの利用を支援します。

詳細を見る

Netskopeの多彩な導入形態

Netskopeは、特別なHW不要
お客様のご要望やネットワーク環境に合わせて多彩な導入形態を用意しています。

インライン(リアルタイム連携)
エージェント型 クライアントにエージェントをインストールしてLANおよびモバイルからのアクセスをリアルタイムにポリシー管理します。
フォワードプロキシ さまざまなフォワードプロキシ設定から選択して、Webおよびクラウドの使用状況を可視化し、あらゆるクラウドサービス(認可または未認可、Webサイト)のアクティビティとデータに対するリアルタイムのポリシー制御を強化します。
リバースプロキシ
(IDaaS"OneLogin"などと連携)
リバースプロキシ展開を使用してクラウドの使用状況を可視化し、認可されたアプリのアクティビティとデータに対するリアルタイムのポリシー管理を強化します。
オフライン(一定間隔でNetskopeに連携)
API 認可されたクラウドサービスにアウトオブバンドAPI接続を使用して、機密コンテンツを見つけ、ポリシー管理を実施し、脅威を阻止します。
仮想アプライアンス型 既存の境界セキュリティデバイスからログデータを解析して、組織内で使用されているクラウドサービスとWebサイトを発見します。データのプライバシーと常駐の目的で、クラウド内のログデータをトークン化することもできます。必要に応じてサポートを利用して既存のプロキシ上の復号化されたTAPに接続し、アクティビティレベルおよびデータレベルの詳細をより深く可視化します。(FWやプロキシのログをアップロードする可視化のみ)

ニュース

2019年6月19日
Netskope(ネットスコープ)の製品ページを公開しました。

お問い合わせ・ダウンロード