NECソリューションイノベータ

人事・タレントマネジメント、給与、経理システムの特設サイト

NEC RPA活用による会計業務効率化ソリューション for SuperStream-NX
  • トップ>
  • NEC RPA活用による会計業務効率化ソリューション for SuperStream-NX

NEC RPA活用による会計業務効率化ソリューション for SuperStream-NXは、
RPAを活用した経理業務改革支援製品です。業務改善から業務改革へ。
これ以上できないと思われていた経理業務改革の実現を支援します。

ソリューションコンセプト

定型業務から解放され、創造的な業務の時間を生み出し、真の働き方改革を目指します。人でしか対応できないと思われている経理業務において、RPAの活用による自働化を実現し、創造的な業務に費やせる時間を確保します。

ソリューションの特長

デファクトスタンダードな会計システム「SuperStream」と、NEC Software Robot Solution(以降「Robosol」と記述)とが連携する事により、経理業務における時間的・心理的負担を軽減します。

  • ①高度な画像認識機能により画面上に表示された画像や値を認識し、マウス・キーボードの操作を自動化可能
  • ②自動操作の設定は、設定画面にあるアイコンを選択する方式で設定が容易。複雑な条件を付ける場合は、JavaScriptで記述することも可能
  • ③外部プラグイン追加機能(EXCEL)を持つため、既存システム・アプリケーションとのAPI連携が可能

ソリューションの構成

「支払伝票入力」「経営会議用素量作成」「予算実績乖離チェック」で構成。SuperStream-NXによる経理業務を補完。
全国8400社以上の導入実績を持つSuperStreamーNXをご利用のお客様から、実現要望の多かった上位3つの機能を搭載しています。

機能紹介

手作業業務の中から、自働化ニーズの高い業務を製品化。オリジナル運用設計を盛り込むことにより業務への適合を実現。

  • ①予算からの乖離率を自動判定し、異常データ候補の抽出までを自動化
  • ②会計パッケージではデファクトスタンダードある、SuperStream-NXと連携し、
    これまで人がおこなっていた伝票入力やExcelへの転記を、RPAを利用して自動化
  • ③Excelと連動し、簡単に抽出条件や基準情報を設定可能
  • ④RPAの設定手順書をご用意。お客様自身で業務に合わせた処理に簡単に修正が可能
  • ⑤別途、有償にてお客様の業務に合わせた設定を弊社が実施

支払伝票入力:画面からの入力作業をRPAを利用し自動化

  • ・Excelデータの記憶
  • ・SuperStream-NXのログオン
  • ・支払入力画面からのデータ自動入力
  • ・支払入力チェックリストの実行
  • ・実行結果(CSVデータ)の出力

経営会議用資料作成:パッケージ帳票からExcelへの転記を自動化

  • ・抽出条件等のExcelデータの記憶
  • ・SuperStream-NXのログオン
  • ・損益計算書の実行
  • ・実行結果(CSVデータ)の出力
  • ・CSVデータからExcelへデータ転記
  • ・部門別フォルダへの振分※
  • ・添付付きメール送付※

※の機能はオプション製品「ReportFiling」の購入が必要

予算実績乖離チェック:予実対比から異常データ候補を自動抽出

  • ・抽出条件等のExcelデータの記憶
  • ・SuperStream-NXのログオン
  • ・予算対比損益計算書の実行
  • ・条件指定による予実乖離部門と勘定科目の特定
  • ・特定結果からの元帳データの検索とCSVデータの出力
  • ・部門別フォルダへの振分※
  • ・添付付きメール送付※

※の機能はオプション製品「ReportFiling」の購入が必要

NEC RPA活用による会計業務効率化ソリューション
for SuperStream-NX
2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がSmart Robot(RPAと同義)に置き替わると言われています。本サービスのご提供により、これ以上できないと思われていた経理業務改革の実現を強力にご支援いたします。 資料ダウンロード

RPAコラム

  • 管理部門はすでに最低人数で運営されている!? 管理系の部門において、特に経理、財務周りの部署の人員構成が社内最大人数で大掛かりに運用されているような会社には、これまでお目にかかったことがない。
    そもそも、経理、財務周りの人員補充は、経営課題の中でも優先順位が低い…というと語弊があるが、コストセンターとして、出来るだけお金をかけずに回そうとする意識が働きやすいのは事実である。
    詳しくはこちら