サイト内の現在位置

NEC データ匿名化ソリューション

「匿名加工情報」の作成と安全な利用をサポート

お問い合わせ

資料ダウンロード

NEC データ匿名化ソリューション

NEC データ匿名化ソリューションは、改正個人情報保護法で定義されている、匿名加工情報の基準を満たした加工技術を用いて、適切なパーソナルデータの活用を支援します。プライバシを保護するため、データ自体を加工し、対象者の属性を知る閲覧者に対してセンシティブ情報を隠す技術です。

データ匿名化で可能になること

2017年5月、改正個人情報保護法が全面施行されました。今回の改正の目玉の一つに、データの自由な流通・利活用を促進することを目的とした「匿名加工情報※」の導入があります。
「匿名加工情報」を利用することで、消費者の購買記録や行動履歴、災害時の動線など、従来の統計情報では得られなかった詳細分析が可能に。新たな商品やサービスの開発、的確なマーケティング、新規ビジネス・価値の創出など事業機会の拡張、国民生活の利便性向上に役立てることができます。

データの個人特定を防ぐ対策

「匿名加工情報」作成のベースとなるパーソナルデータは、単純なマスキングだけでは容易に個人が特定されてしまうといったリスク、匿名性を高めるとデータの有用性が低下するなど課題があります。

高精度かつ安心・安全に利活用できる「匿名加工情報」作成のためには、適切な安全管理(セキュリティ対策)に加え、プライバシー保護対策が必要です。

NECソリューションイノベータのデータ匿名化ソリューションは、個人情報保護法で定義された匿名加工情報を作成することができます。

NECソリューションイノベータが提供する
「NEC データ匿名化ソリューション」

機能と特長

k-匿名化※による高度な加工で安全性と有用性を両立した「匿名加工情報」を作成。リスク評価やアドバイス、導入コンサルティングを通じてデータの柔軟な利活用を支援します。

k-匿名化とは

匿名化で重視すべきポイントは、パーソナルデータ(個人に関する情報)としての価値を維持しながらプライバシーを守ることです。k-匿名化は、パーソナルデータに対して他情報との照合から個人特定を防ぐための技術です。

匿名加工情報とは

匿名加工情報とは、特定の個人を識別できないように、さらに個人情報の復元ができないように加工処理した情報を指します。匿名加工された個人に関する情報は一定条件のもと、本人の同意なく自由に利活用することができ、企業・組織は新事業や新サービスの創出、個人にとっては生活の利便性向上が見込めると期待されています。

ニュース

関連ソリューション

IoT化による業務効率化ソリューション

NECソリューションイノベータがご提供する、「IoT化による業務効率化ソリューション」は、お客様の「既存事業の効率化」「サービスによる付加価値提供」「新規事業創出」をサポートします。

お問い合わせ・ダウンロード