サイト内の現在位置を表示しています。

モビリティソリューション

NECソリューションイノベータのモビリティソリューションは、Automotive SPICE アセスメント支援サービス、モーター制御ソフトウェア、車両周辺監視をはじめ、柔軟な発想とアイデアで、ビジネスの成長と新しい社会創りに貢献します。

あなたと創る、次のモビリティ。
NECソリューションイノベータ モビリティソリューション

NECソリューションイノベータのモビリティソリューションは、業種や分野に囚われない柔軟な発想とアイデアで、モビリティが持つ可能性とあなたのビジネスとの新しい懸け橋としてビジネスの成長と人を起点とした新しい社会創りに貢献します。

NECソリューションイノベータの車載ソフトウェア事業領域

開発プロセスから車載制御、車載プロットフォーム開発まで幅広く行っております。
長年車載系ソフト開発に取り組んできたノウハウを活かし、お客様の課題解決をご支援します。

NECソリューションイノベータのモビリティソリューション

Automotive SPICE アセスメント支援サービス、NEC 車両周辺監視ソフトウェア、
NEC モーター制御ソフトウェアプラットフォームをはじめ、車載領域におけるソフトウェア開発の経験とノウハウを活用して、
車載組込み開発を支援します。

Automotive SPICE アセスメント支援サービス

Automotive SPICE アセスメント支援サービス

Automotive SPICEアセスメント支援サービスは、自動車業界のナビメーカーや車載制御装置メーカーなどの幅広いお客さまに向け、すでに豊富な導入実績があります。お客さまの開発プロセスの現状から、Automotive SPICE対応に向けた課題を発見し、成果物の作成、設計の改善、現場での対応要員指導をサポートします。

NEC 機能安全規格(ISO26262)実践支援サービス

NEC 機能安全規格(ISO26262)実践支援サービス

自動車向け機能安全規格ISO26262への対応を、お客様が実践できるようになるまで、プロセス構築・開発遂行の両面から支援します。

NEC 車両周辺監視ソフトウェア

NEC 車両周辺監視ソフトウェア

車載カメラや車載センサー、組込みAI(Deep Learning)を活用した安全運転支援用のシステムや部品、建機、農機、物流車両、工事車両、倉庫などの監視用途に、車両周辺監視ソリューションを提供します。

AUTOSAR・車載ソフトウェアソリューション

AUTOSAR・車載ソフトウェアソリューション

複数のAUTOSAR BSWパッケージやMCUを扱った実績があり、車載ECUシステムにAUTOSARを適用する際に生じるさまざまな課題の解決をサポートします。

NEC モーター制御ソフトウェアプラットフォーム

NEC モーター制御ソフトウェアプラットフォーム

モーターの駆動には高度な制御が要求されるため、開発期間や開発工数の増大、品質確保に要する費用の増大など多くの課題が発生しています。NEC モーター制御ソフトウェアプラットフォームは、製品の立ち上げや開発期間の短縮、開発コストの低減を促進します。

NEC Linux技術支援サービス

NEC Linux技術支援サービス

豊富な開発経験をもとに製品の企画・設計時の実現方式の検討から、障害解析、チューニング、保守まで、Linuxシステム開発をトータルにご支援いたします。

イベント・セミナーEVENTS & SEMINARS

Automotive SPICE 4.0時代の品質改善とは!アセッサーが最新情報をご紹介

Automotive SPICE 4.0時代の品質改善とは!アセッサーが最新情報をご紹介

日時:2024年3月14日(木)11:00~11:30
会場:オンライン(Webセミナー)

2023年12月、約7年ぶりにAutomotive SPICEが4.0版としてメジャーアップデートされました。
アップデート内容を俯瞰すると、自動車業界の開発フレームワークとしての重要性が今まで以上に増すことが予想されます。
本ウェビナーでは、アセッサーが最新バージョンAutomotive SPICE 4.0の概要やAutomotive SPICEを活用した品質改善についてご紹介します。
A-SPICEの最新情報が知りたい方、品質改善に課題をお持ちの方、ぜひご視聴ください。

製造業向け開発業務の高度化を進めるには! 見逃し配信~自然言語処理AIによる文書データ活用事例(自動車メーカーetc)と、導入までの課題・ステップをご紹介~

製造業向け開発業務の高度化を進めるには! 見逃し配信
~自然言語処理AIによる文書データ活用事例(自動車メーカーetc)と、導入までの課題・ステップをご紹介~

日時:2024年3月31日(日)17:00まで
会場:オンライン(Webセミナー)

製造業の開発現場では、設計書、テスト結果、不具合レポート、顧客クレームといった様々な文書情報が作成・蓄積されています。
これらには、技術的なノウハウやお客様からの要望・期待など、企業の競争力に直結し得る重要な情報が含まれています。
業務の高度化・効率化を進めるためには、これらのデータを蓄積するだけでなく、活用できる形に変えることが重要となりますが、現状は活用しきれていないお客様が多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、自然言語処理AIを活用した開発業務の高度化について、事例を交えてご紹介いたします。
製造業の高度化・効率化を進めたいお客様、AIを導入したいとお考えのお客様、是非ご参加ください。

改めて知りたい!開発現場で使えるエッジコンピューティングと組込みAIの最新動向と活用法 見逃し配信~リアルタイム性が求められる組込みAIでの対処方法など事例を交えてご紹介~

改めて知りたい!開発現場で使えるエッジコンピューティングと組込みAIの最新動向と活用法 見逃し配信
~リアルタイム性が求められる組込みAIでの対処方法など事例を交えてご紹介~

日時:2024年3月31日(日)17:00まで
会場:オンライン(Webセミナー)

様々な現場でモノが人や環境と協調しながら自律的に動き、働く。「未来の世界」と思われていた状況が、着々と現実味を帯びてきています。
クラウドサービスとしてAIが提供され気軽にAIが利用できるようになりましたが、リアルタイム性を求められるような処理では性能問題が発生します。解決策として、機器にAIを組み込む「エッジコンピューティング」「組込みAI」が必要となりますが、ソフトウェアをハードウェアへ組み込むには、活用検討から構築・運用の各フェーズで様々な課題が発生します。

本セミナーでは「エッジコンピューティング」「組込みAI」の市場動向をはじめ、弊社が長年取り組んできた活用検討から構築・運用までのサポート内容を、事例を交えてご説明いたします。

コラム

お役立ち資料 ダウンロードDOWNLOAD

ホワイトペーパー

自動車サイバーセキュリティ対応でやるべきこと・やってはいけないこと

自動車サイバーセキュリティ対応でやるべきこと・やってはいけないこと

自動車サイバーセキュリティの法規制(WP29.CS:UN-R155、SU:UN-R156)に適合した車両型式認証への対応が本格化していくことをふまえ、考えなければいけないことは何か、具体的に何をすれば良いのか、開発現場でよくあるやってはいけないことの観点から、NECが考えるサイバーセキュリティ対応のポイントをご紹介します。

車載ECUシステム開発に必要なAUTOSARの課題と解決方法・最新規格の紹介

車載ECUシステム開発に必要なAUTOSARの課題と解決方法・最新規格の紹介

車載ソフトウェアの品質、再利用性向上のためAUTOSAR Classic Platform(CP)への対応を求められるケースが増えています。前半ではAUTOSAR CPの概要説明や仕様の知識、マイコンの選定、BSW(Basic Software)の選定などの考慮すべき点とソリューションについてご紹介します。後半では最新規格 AUTOSAR Adaptive Platform(AP)の特徴や、一部機能をご紹介します。

【A-SPICEをこれから取り組むお客様向け】

  • 車載業界標準のAutomotive SPICEとは?

Automotive SPICE(A-SPICE)に取り組むにあたって、A-SPICEとはどのようなものか、どのように取り組めばよいのかを当社アセッサーが解説した資料を無料でダウンロードいただけます。

【A-SPICEレベル2取得を検討されているお客様向け】

  • 車載システムの標準化 A-SPICEレベル2が欧州車では必須に

Automotive SPICE(A-SPICE)レベル2取得するにあたっての手順の説明や取得事例などを説明した資料を無料でダウンロードいただけます。

自動運転開発/建機・農機メーカーにおける接触事故を防ぐための最新技術・最新事例をご紹介

自動運転開発/建機・農機メーカーにおける
接触事故を防ぐための最新技術・最新事例をご紹介

接触事故を起こす原因である“ヒヤリハット”の防止のため、車両周囲の物体認識を活用することで他の車両や人などの安全を守る対応策を最新事例を交えてご紹介いたします。併せて、弊社の画像認識技術を活用した最新事例もご紹介しておりますので是非ご覧ください。

押し寄せるEV化の波により、自動車の電動モーター搭載数はどんどん増加している状態ですが、モーターを動かすにもソフトウェアでの制御が必要になります。
本資料では自動車部品メーカーがモーター制御へ対応する際の課題とその解決法について解説いたします。

リーフレット

弊社モビリティソリューションのカタログや各種ソリューションのリーフレットをダウンロードいただけます。

お問い合わせ・ダウンロード