BlackBerry Hybrid(旧CylanceHYBRID)

オフラインオプション

オンラインの端末もインターネットアクセスが制限された端末も同じ管理コンソールから一元管理可能

  • BlackBerry Hybridがクラウド上の管理コンソールと通信
  • エンドポイント端末のエージェントはBlackBerry Hybridとのみ通信
CylanceHYBRID

BlackBerry Hybridの特徴
通信の代行と集約によって得られる2つのメリット

エンドポイントから直接のインターネットアクセスがない環境を実現

BlackBerry Hybridは、インターネットと直接通信できないエンドポイント端末の間に立って、BlackBerryクラウドとの通信を代行します。クライアントの通信先はBlackBerry Hybridのみであるため、エンドポイント端末が直接インターネットと通信しない環境での運用が可能になりました。

BlackBerry Hybridのデータ配信負荷を低減

  • クライアントのバージョンアップデートの際は、エンドポイント端末数分のアップデート情報を各エンドポイント端末が受信します。BlackBerry Hybridの導入によってネットワーク負荷を軽減することができます。
  • BlackBerry Hybridはキャッシュサーバの役割も果たすため、アップデート情報を保持しておくことができます。エンドポイント端末が何台あっても、BlackBerry Hybridの管理下であれば一回の受信で済み、ネットワークへの影響を軽減できます。