サイト内の現在位置

Netskopeによるセキュリティ強化

クラウド型ID管理シングルサインオン/アクセスコントロール・OneLogin (ワンログイン)

OneLoginでの入り口対策に加えて、更に強固に情報漏洩を防ぐことができます。
これによりゼロトラストセキュリティとしてネットワークやエンドポイントのセキュリティ強化、ログの監視や収集が行えます。

Netskopeについてはこちら Netskope

1. ユーザの利用状況の可視化

ユーザが何をどう利用しているかを詳細に見える化し、そこから判別できる利用時間や場所、所属や職制、ファイル名や、記載情報のキーワードなどを使って管理者が、様々なセキュリティに関する設定を実施できます。

2. クラウド上での利用状況の把握、および柔軟なコントロール

会社で利用許可しているクラウドサービス以外はアクセス禁止にできます。
また、クラウド上に個人情報を置くことを禁止したり、完成した正式文書の偽造を防止することもできます。

3. 利用環境やユーザーの操作(振る舞い)に応じた適切なセキュリティを提供

テレワークや外出先、及びユーザーの操作など、利用している環境やユーザーの振る舞いの危険度に合わせた防御ができます。

お問い合わせ・ダウンロード