サイト内の現在位置

コンプライアンスとリスク・マネジメント

1.取り組み方針

NECソリューションイノベータにとって、お客さまをはじめとする社会からの信頼を獲得、維持することは最も大切なことであると考えています。そのためにNECソリューションイノベータは、コンプライアンスを経営の基本に置き「NECグループ企業行動憲章」と「NECグループ行動規範」を整備することにより、コンプライアンス最優先の事業活動を行っています。
役員・従業員の一人ひとりがコンプライアンスを自分事として認識し、「NECグループ行動規範」に基づく行動を日々実践することで、コンプライアンスをNECソリューションイノベータの企業文化にすることを目指しています。
リスク・マネジメントとしては、「リスク管理基本規程」に基づき、効果的かつ総合的にリスク管理体制を構築しています。全社的には、経営上、重点的に対策を講じる必要があるリスク(重点対策リスク)を毎年定め、それに関する対策を検討し、実行・評価を行っています。

2.推進体制

当社では、トップマネジメントを含めて、コンプライアンスの徹底とその効果的な実践に取り組んでおり、リスク・コンプライアンス委員会やCSR推進部を中心に活動をしています。各会議体やマネジメント体制は次のとおりです。

1) 取締役会

取締役会は、業務執行の監督という立場から、重大な不正事案に関する報告を受けます。

2) 経営会議

経営会議は、重点対策リスク、その他経営戦略上の重要なリスクの審議を含め、経営方針や経営戦略などNECソリューションイノベータの経営に関する重要事項について審議します。

3) 監査役

監査役は、NEC経営監査本部から定期的に内部監査結果の報告を受け、意見交換を行い、執行状況の監査を行います。

4) リスク・コンプライアンス委員会 

リスク・コンプライアンス委員会は、不正行為の根本的な原因究明、再発防止・予防策の検討ならびにリスク管理に関する活動方針および重点対策リスクの選定・対応方針の審議を行います。重点対策リスクの具体的な施策に関する検討・進捗状況について、担当部門から定期的に報告を受け、活動の成果や課題、今後の活動計画などを確認し、必要に応じて施策を改善・強化するための方向性を指示するなど、全社のリスク管理の実施において監督機能を果たしています。

5) CSR推進部

CSR推進部は、「NECグループ企業行動憲章」および「NECグループ行動規範」の周知をはじめとしたコンプライアンス徹底のための各種施策を企画立案し、実施しています。また、事業部門およびスタッフ部門が実施するリスク・マネジメントが体系的かつ効果的に行われるように、必要な支援・調整および指示を行います。
さらに、NEC経営監査本部から定期的に監査結果の報告を受け、意見交換を行っています。

6) NEC経営監査本部(内部監査)

NECソリューションイノベータでは、第三者による内部監査をNEC経営監査本部に委任しており定期的に監査を受けております。監査結果に基づき各々の事業部門や必用に応じてスタッフ部門が施策を検討実施しています。

3.主な活動実績

1) コンプライアンス

  • 「NECコンプライアンスの日」に伴う各種施策の実行
    コンプライアンスをNECソリューションイノベータの企業文化とするため、2018年度の「NECコンプライアンスの日」にあわせて周知・啓発活動を行いました。まず、社長からメッセージを受け、コンプライアンスの重要性を全従業員に徹底しました。また、毎年NECにて開催している企業倫理フォーラム「ビジネスエシックス」は、2018年度から「NECコンプライアンスの日」にあわせて開催され当社社員も多数エントリしております。

  • 教育・啓発活動の展開
    当社では、全役員・従業員を対象として、コンプライアンスに関するWeb教育を年1回実施しています(当社受講率99.5%)。また、「NECグループ行動規範」をはじめとした社内ポリシーを遵守する旨の誓約を従業員から取得しています。このほか、当社では、新入社員教育や新任役員、新任事業部長向けの階層別教育などの機会を活用して、NECグループ行動規範に則った行動の重要性を強調しています。

  • コンプライアンス・ホットライン(従業員や取引先などからの相談・申告窓口)

    当社の内部者通報制度「コンプライアンス・ホットライン」を設けており、NECグループ行動規範に違反した行為、または違反するおそれのある行為が行われていたことを知った場合の相談・申告を受け付けています。同ホットラインへの相談や申告の事実とその内容については、対応に従事する関係者により秘密の厳守が保証され、また相談者は、相談や申告の事実により不利益を受けることは一切ありません。当社は、これらの内容をイントラネットで明示するとともに、教育等の機会を通じて従業員に周知しています。
    2018年度におけるこの窓口への相談・申告件数は24件でした。相談・申告の内容としては、倫理行動違反、NECグループ行動規範や社内ルールへの違反や不正、違法行為の可能性の指摘などがあり、これらについては適切に対処しています。その他にNECグループ役員・従業員が使用できる「コンプライアンス・ホットライン(NEC)」も利用できるようにしています。

2) リスク・マネジメント

  • 「重点対策リスク」の選定とその対策
    CSR推進部は、アンケート方式による「リスク管理実態調査」で把握したリスク評価の結果を踏まえ、対策の必要性、企業経営への影響の大きさおよび社会への影響度などの観点から、毎年「重要リスク」を抽出しています。その中から特に影響が大きいと評価されるリスクを「重点対策リスク」として選定し、対策を講じています。