サイト内の現在位置

顔認証なりすまし防止ソリューション

顔認証本人確認ソリューション

顔とQRコードを照合して認証。顔認証をスマートデバイス内で実施することで、本人確認業務の効率化を支援

本人確認業務をおこなう際、顔とQRコードを照合。この顔認証をスマートデバイス内で実施。これにより、大きな機器やデータベースが不要となり、簡単、安全、確実な本人確認を実現します。 SQRCに対応したデンソーウェーブ製ハンディターミナル(BHTシリーズ)を使えば、本人確認(SQRC読込と顔認証)と業務作業(例:点検、ピッキング等)を1台の端末で行えます。

特長・導入メリット

  • オフラインのスマートデバイスを活用してどこでも本人確認が可能。
  • 1対1認証によりデータベースやネットワークの構築不要。設定が簡単。
  • 顔認証に必要な特徴量からQRコードを発行。認証対象人物をスマートデバイスのカメラで撮影してQRコードと照合。
  • 端末内に顔画像を保持せず、オンライン上での顔データのやりとりも無いため情報漏えいリスクを軽減。
  • SQRCを使うことでセキュリティー性が向上。
    • 公開データと非公開データから構成されるSQRCを活用。
      公開データにはURLなどの一般情報を、非公開データには顔の特徴データや社員番号などの機密情報を格納することで、顔の特徴データを秘匿化します。
    • セキュリティ機能を搭載したQRコードであるSQRCは、
      ①ひとつのデータに公開と非公開の2種類のデータを格納することができ、
      ②特定スキャナーだけが非公開部の読み取りが可能という特長を有しています。
      URLなどの一般情報を公開部分へ、顔の特徴データや社員番号などの機密情報を非公開部分に格納することで、機密情報を秘匿化します。

運用イメージ

SQRCに対応したデンソーウェーブ製ハンディターミナル(BHTシリーズ)に業務アプリケーションを搭載し、顔認証を本端末で行った後に、継続して業務を遂行。一つの端末で本人確認と業務遂行を実行できるので、安価かつ作業者負担も増大せずに導入可能です。

業務アプリケーションの例

  • 商品の検査
  • 倉庫でのピッキング
  • 在庫管理 など

運用シーン

無資格者の作業防止

無資格者による作業を防止するために、顔認証を利用して本人確認を行います。工場での検査や危険物質の取扱時に「資格保有した正当な作業者」であることが確認できます。また、その確認結果を記録します。

  • 作業予定者(有資格者)の顔特徴データをSQRCに格納し、作業予定者に配布
  • 作業開始前にSQRC読込と顔認証による本人確認により、無資格者の作業を防止

受験・受講向け本人確認

顔特徴量のQRコードを埋め込んだ受験票を発行し、受験会場で受験票とスマートデバイスのカメラで照合し、本人以外の不正な受験や受講を防止します。

  • どこでも顔認証を実現。データベースやネットワークの構築不要。
  • 受験票、社員証、運転免許証など利用シーンに応じた媒体を活用。
  • 学校(試験、受験)、免許発行団体(運転免許、自動車教習所等)、受付窓口などで活用可能。
  • QRコードは、SIerごとに暗号キーを設定し、不正流用を防止。

導入事例

金融・銀行受付業務での本人確認
印鑑の代わりに、顔認証を利用して本人確認作業を実施。お客様の利便性向上と本人確認業務の効率化、なりすまし防止を実現します。

  • 顔の特徴量のQRコードを利用。
  • 認証対象人物をスマートデバイスのカメラで撮影してQRコードと照合。これにより印鑑レスを実現。
  • 顔画像を端末内に保持しないため、情報漏えいリスクを軽減。
  • データベースやネットワークの構築不要のため、システム運用を簡素化(ログを収集し業務システムとも容易に連携)。

QRコード発行

印鑑レス取引(本人認証)

「印鑑レス」取引は、印鑑に代えて「顔認証」と「暗証番号」を利用

関連リンク

お問い合わせ