サイト内の現在位置

顔認証入退管理システム

NeoFace KAOATO

IDカードだけだと、なりすましによる不正侵入を許してしまう・・・。
入退記録を見ても、特定人物を探しにくい・・・。
そのような課題解決に応えるシステムです。
入室時に顔認証を行い、照合合致した場合のみドア(電気錠)を開けて入室できます。顔画像付きで入退記録が管理できるので、出退勤システムとしても利用可能です。

運用イメージ

導入メリット

「顔」のみでの運用が可能

タッチレスでの入退管理が行えます(ただし、登録者数に制限があります)。
カメラに顔を向けるだけの非接触操作によって入退時刻が自動的に記録されます。

「顔」とIDカード認証の二要素認証が可能

顔認証+IDカード認証のダブルチェックで本人確認を行うことにより、よりセキュアな入退室管理が行えます。

各種IDカードと連携が可能

連携可能なIDカード

  • FeliCa
  • SAFEWARE-SX
  • カメレオンコード
  • その他磁気カード など

「カメレオンコード」の運用が可能

「カメレオンコード」なら、カメラ一つで顔認証とID認証の二要素認証が可能です。

なりすましの防止

IDカードの盗難、紛失時のカード不正利用対策としても有効です。IDカード認証に加え、顔認証によるガードをプラスすることで、なりすましの防止につながります。

警備業務の非対面化、効率化

非対面での不正防止やなりすまし防止ができます。
警備員が別業務を行っている間も、システムが常時見張っているため、警備員の業務の効率化が図れます。

入退記録の視認性の向上

誰が、何時、何処に入室(退室)したのかを顔画像付きで管理ができるため、入退記録管理の視認性が向上します。

非接触利便性

カメラの撮影範囲を通過するだけで照合が行われるので、利用者の抵抗感を軽減します。

感染リスクの低減

体の表面温度を非接触で測定するサーマル機器と連携可能
入退管理システムとサーマル機器を組み合わせたソリューションを提供できます。

  • サーマルカメラやサーマルセンサとの連携が可能です。
  • 本ソリューションは、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではございません。

機能

登録

  • IDカードと顔画像を関連付けて登録
  • 顔画像以外の各種情報も管理可能
  • 有効期限を設定

開錠

  • 電気錠と連携
  • IDカードと顔認証によりドアの開錠を制御

認証スケジュール

  • 利用者のシフトに合わせた認証スケジュールが設定可能
  • 入退エリアの利用時間に合わせた認証スケジュールが設定可能

メール通知

  • オフィスで、利用者の入退情報を管理者や警備員へメール通知可能
  • マンションや学校、塾で、子どもの入退情報を保護者へメール通知可能

入退記録の作成、出力

  • 個人別、グループ別(部門など)の入退記録の作成
  • 時間外利用者の入退記録の作成
  • 作成した入退記録をHTML形式やCSV形式で出力し、レポート作成業務をサポート

VIP応対対策にも有効

  • 社内外のVIPの不意の来訪に、いち早い気づきを提供するこのような運用も可能。
  • 不意に入場したVIPでも素早く発見。顔事前登録者情報により顧客情報の一元化を行え、VIPに対するサービスレベルが向上します。

接続可能な外部機器

サーマル機器

サーマルセンサーやサーマルカメラなどのサーマル機器と連携が可能
顔認証による本人確認と体の表面温度チェックを組み合わせた入退管理が可能です。

Akerun

工事・工事不要の完全後付けスマートロックシステムであるAkerunと連携が可能

ネットワーク監視表示灯

ネットワークからの信号を音や光で通知。
発報時に様々なパターンの組み合わせでお知らせします。

お問い合わせ・ダウンロード