サイト内の現在位置

お役立ち資料

顔認証パッケージソフトウェア NeoFace KAOATOお役立ち資料

お役立ち資料

お役立ち資料

New Normal 時代を見据えて、総務・管理部門が
本当に取り組むべき感染症対策とは?

新型コロナウイルス感染症の流行により、企業の衛生管理が根本的に見直されるようになりました。
例えば、”3 密”の回避、ソーシャルディスタンスの確保、検温の徹底――。
なかでも、人手の割かれる『検温』の記録と効率化は、喫緊の課題かもしれません。
ただ、New Normal 時代の中長期的な視点に立つと、今考えるべき対策は『検温』の問題だけに限らないのです。実は「入退室管理」や「勤怠管理」を検温と総合的に組み合わせることで、より高い相乗効果を生み出せます。

2020年調査版
企業の新型コロナウイルス感染症対策調査レポート

新型コロナウイルス感染症対策のため、殆どの企業が暫定的な対応を行っており、その内容としてマスク着用チェックや検温などを挙げています。
現在実施中の新しい働き方への対応で満足できていると回答した企業は約30%、満足できていない企業も同じく約30%存在しました。満足度が高い対応内容など是非レポートにてご確認ください。

顔認証パッケージソフトウェア
「NeoFace KAOATO」リーフレット

カメラの映像から、特定の人物を高速・高精度に自動照合する顔認証パッケージソフトウェアです。来訪者検知や入退管理、本人確認など、様々なシーンで安心・安全に貢献します。

表面温度測定入退室ソリューション
リーフレット

顔認証による本人特定と、サーマル機器による体の表面温度チェックを組み合わせた、入退室管理ソリューションです。
高温と判断された人に対しては、入室制限や、体温計を用いた検温を促すことが可能です。

マスク着用率向上ソリューション
リーフレット

カメラ画像から自動的にマスクを着用していない人を検知して、音声やデジタルサイネージでお知らせするソリューションです。マスクの非着用者を自動検知し、着用を促すことで、施設内での飛沫感染対策や、対面コミュニケーションによるトラブル発生リスク軽減を実現します。
顔検出の際、顔特徴量データの保存を行わないため 、 個人情報の管理は不要です。

医療機関・店舗向け入退室管理ソリューション
リーフレット

顔認証技術とサーマル機器を連携させ、施設利用者 ・ 従業員の感染症対策をワンストップで実施するソリューションです。店舗・病院の来場者には「体の表面温度チェック」「マスク着用促進」を実施し、従業員に対しては「入退室管理」「体の表面温度チェック」を実施することで、感染症拡大リスクを低減します。

お問い合わせ・ダウンロード