サイト内の現在位置

表面温度測定入退室ソリューション

新型コロナウイルス感染症対策

顔認証パッケージソフトウェア NeoFace KAOATO表面温度測定入退室
ソリューション

顔認証による本人特定に加え、サーマル機器による体の表面温度チェックで
高温と判断された人に対して、入室制限などの入場管理を行います。
(※サーマルカメラやサーマルセンサとの連携が可能です)

製品概要

顔認証による本人特定とサーマル機器による体の表面温度チェックを同時に行います。
高温と判断された人に対しては、入室制限などの入場管理を行います。

表面温度測定入退室ソリューションは、顔認証による本人特定に加えて、サーマル機器による体の表面温度チェックを行うことで、高温と判断された方に対しては、サーバに顔登録がされていたとしても入室を制限することができます。

※サーマルカメラやサーマルセンサとの連携が可能です。
※本ソリューションは、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではございません。

登録者の体の表面温度の平均を管理し、個人差にも対応した体の表面温度測定・健康管理を実現します

本ソリューションの特徴は、「37.5度以上」といった設定温度より高い際の入室制限だけでなく、測定した個人の日々の体の表面温度を記録し平均値を算出する「インバリアント機能」です。平均値と測定値を比較し、高温であった際にも入室制限を行うことができます。個人の日々の体の表面温度の記録による平均値と比較して高めかどうかを判断するため、一般的なサーマル機器だけでおこなう測定に比べて個人差や季節による変化を考慮した検知が可能です。
職員入口や、学校、病院などで体の表面温度チェックで高温と判断された従業員が入室しようとした際に、入室制限などの入場管理をすることで、そのような従業員が職場に立ち入るリスクを減らすことが期待できます。

※個人情報保護法の観点での許諾または告知を行った上で実施しております

導入メリット

表面温度測定入退室ソリューションを導入することで、顔認証による非接触の入退室管理と、
個人差にも対応した体の表面温度測定・健康管理を実現します。

発熱の疑いがある方の入室を制限

施設入場前に体の表面温度が高いかを検知できるため、発熱の疑いがある方の入室を制限できます。

個人差や季節による変化を考慮した検知が可能

個人の日々の体の表面温度の記録による平均値と比較して高めかどうかが判断できるため、一般的なサーマル機器に比べて個人差や季節による変化を考慮した検知が可能です。

簡単/自動的に体の表面温度の高い方を特定

顔認証と体の表面温度の検知を同時に行えるため、簡単/自動的に体の表面温度の高い方を特定できます。

非接触・非対面で体の表面温度チェックと入退室管理が可能に

顔認証による本人特定とサーマル機器による体の表面温度チェックにより、非接触・非対面で発熱の疑いのある方の選別が衛生的に行え、さらにリモート操作による遠隔での入退室管理が可能です。

※サーマルカメラやサーマルセンサとの連携が可能です。

ES(従業員満足度)の向上

新型コロナウイルスの感染拡大により、従業員は感染リスクに晒されています。本ソリューションを導入し、発熱の疑いがある従業員の入室を制限することにより、安心して働ける職場環境づくりを支援します。

機能一覧

入退室履歴の検索 従業員の感染が判明した場合、登録した顔情報を基に入退室履歴を確認し、対象者と同じ時間帯に入退室した従業員を特定可能
入場制限 登録者であっても発熱が疑われた場合は認証時にドアを開錠せず、入場制限が可能
管理者による利用者制限 管理者側で登録者の認証を変更でき、体の表面温度が正常であっても感染後に一定期間はドアを開錠させない運用が可能
勤怠システム連携 測定結果を外部出力することで勤怠システムで勤務時間と測定結果を取り込み可能

利用シーン

表面温度測定入退室ソリューションは、役所など公共施設の職員入場口、重要な社会インフラを支える施設の入口、
学校などの入口、オフィスや病院の職員入場口、高齢者福祉施設の入口など、さまざまなシーンでご利用いただけます。

  • 役所など公共施設の職員入場口

    役所など公共施設の職員入場口

  • 重要な社会インフラを支える施設の入口

    重要な社会インフラを支える
    施設の入口

    警察、消防、裁判所、入国管理など

  • 大学、高校、中学校、塾、予備校などの入口

    大学、高校、中学校、塾、
    予備校などの入口

  • オフィスの職員入場口

    オフィスの職員入場口

  • 病院の職員入場口

    病院の職員入場口

  • 高齢者福祉施設の入口

    高齢者福祉施設の入口

システム構成

表面温度測定入退室ソリューションの基本的な構成例です。ご要望に応じてカスタマイズも可能です。ご相談ください。

動作環境

顔認証PC

No. カテゴリ 要件
1 OS Windows 10 Pro(64bit)
2 CPU Intel Core i7-6700(4C/3.40GHz/8M)×1以上
3 メモリ 8GB以上
4 ディスク容量 100GB以上

入退室認証用タブレット

No. カテゴリ 要件
1 OS Windows 10 Pro(64bit)
2 CPU Intel Pentium 4405Y (2C/4T/1.5GHz/2M)以上
3 メモリ 4GB以上(8GB以上推奨)
4 ストレージ 64GB以上(128GB以上推奨)
お役立ち資料

「New Normal 時代を見据えて、総務・管理部門が本当に取り組むべき感染症対策とは?」「2020年調査版企業の新型コロナウイルス感染症対策調査レポート」をはじめ、お役立ち資料をダウンロードいただけます。

お問い合わせ・ダウンロード